ビームスが母の日ムービー公開 ある家族の30年描く

写真拡大

 ビームスが、母の日にフォーカスしたショートムービーを公開した。「しあわせを届けよう」と題して展開されているシリーズ作品の第4弾で、1983年から2013年までの30年間にわたる家族の玄関先での生活シーンを切り取った映像を制作。今年5月12日の母の日に、家族から母親へ、日頃の感謝の気持ちを込めた特別なプレゼントが贈られるまでの物語が描かれている。

ビームスが「母の日」ムービー公開の画像を拡大

 昨年6月にスタートした「しあわせを届けよう」シリーズは、洋服を通じて「しあわせ」を届けようというビームスの企業理念を表す取り組みの一環。これまで父の日と敬老の日、ウィンターホリデーをテーマとするショートムービーが制作されている。

 第4弾は夫婦が新しい家に引っ越してくるというところから物語がスタート。妊娠と出産を経て、育児や家事に追われ同じ靴を履き続けている母親、次第に靴のサイズが大きくなっていく子供たち、日々仕事に向かう父親の姿を玄関先のカットのみで展開。終盤で、母のために家族が幸せなサプライズを用意するという約3分間のショートムービーに仕上がっている。

■ビームス
 http://www.beams.co.jp/