アメリカの老舗ブランドとコラボ写真:Target Press/アフロ

写真拡大

アメリカを代表する老舗ブランド「ブルックスブラザーズ」が、バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「華麗なるギャツビー」にインスパイアされた限定メンズウェアコレクション「ギャツビー・コレクション」を発売することがわかった。

同作は、米作家F・スコット・フィッツジェラルドの代表作「グレート・ギャツビー」の再映画化。1920年代の米ニューヨーク、ロングアイランドを舞台に、東部の令嬢デイジーに恋をした成り上がり者ギャツビーの破滅へと向かう人生を描く。

フィッツジェラルド自身、ブルックスブラザーズを愛用していたといい、本作の衣装デザイナーのキャサリン・マーティンは、男性キャラクターの衣装を作るにあたって、同ブランドの過去のコレクションを参照している(マーティンは、ラーマン監督作「ムーラン・ルージュ」でアカデミー賞美術賞と衣装デザイン賞を受賞)。

「ギャツビー・コレクション」にはスーツ、タキシード、スポーツコート、サスペンダー、ネクタイなどが含まれ、世界150都市のブルックスブラザーズで販売される。なお、東京でも映画で使用された衣装の展示が行われる予定だという。

「華麗なるギャツビー」は、キャリー・マリガン、トビー・マグワイア、ジョエル・エドガートンらの共演。第66回カンヌ映画祭(5月15〜26日)のオープニング作品に決定しており、6月14日から日本公開される。

■関連記事
カンヌ映画祭オープニングにディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」
ディカプリオ&マグワイア&ハーディ、動物密売を描く新作を共同プロデュース
ディカプリオ主演「華麗なるギャツビー」サントラにジェイ・Z参加
“レオ様”日本で根強い人気、舞台挨拶チケットは4時間で完売
「マッドメン」仕様のスーツ、ブルックスブラザーズが限定発売