トニー賞にノミネートされたトム・ハンクスPhoto by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

ハリウッドを代表する演技派俳優トム・ハンクスが、ブロードウェイで上演された演劇が対象となるトニー賞に初めてノミネートされた。

ハンクスは現在、「めぐり逢えたら」や「ユー・ガット・メール」などでタッグを組んだ故ノーラ・エフロンが執筆した「ラッキー・ガイ」に出演中で、同戯曲は主演男優賞を含む6部門でノミネートを獲得。「ラッキー・ガイ」は1980年代から90年に活躍したニューヨークの人気ジャーナリスト、マイク・マカラリーの伝記劇で、マカラリーはニューヨーク市警によるリンチ事件を暴いた記事でピューリッツァー賞を受賞している。

今年のトニー賞で、最多13部門のノミネートを獲得したのは、05年の映画をミュージカル劇にした「キンキーブーツ」。今年で第67回となるトニー賞授賞式は6月9日、ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催される。

■関連記事
インターネット版アカデミー賞にトム・ハンクスらがノミネート
トム・ハンクス、ノーラ・エフロン戯曲でブロードウェイ・デビュー
レオナルド・ディカプリオ&トム・ハンクス、ゴルバチョフのテレビ映画を製作
ダニエル・クレイグ&レイチェル・ワイズ夫妻がブロードウェイ劇で共演
オーランド・ブルーム「ロミオとジュリエット」でブロードウェイデビュー