●妹達(シスターズ)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

<キャスト>
御坂美琴:佐藤利奈
白井黒子:新井里美
初春飾利:豊崎愛生
佐天涙子:伊藤かな恵
食蜂 操祈:浅倉杏美
枝先 絆理:佐藤聡美
布束砥信:葉山いくみ
春上衿衣:花澤香菜
ミサカ妹 / 10032号:ささきのぞみ

●ストーリー
東京都の西側1/3の広さに230万人の人口をもつ巨大な「学園都市」。
最新技術が集まり、超能力の開発をその目的としているこの都市には、最強と謳われる7人の『超能力者(レベル5)』がいた。
そのひとり『超電磁砲(レールガン)』こと御坂美琴は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳。後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子、彼女の同僚・初春飾利らとともに、平和な日常を謳歌しながらも、学園都市の裏側で起こる事件に巻き込まれていく。

※ちなみに第2期です(『とある魔術の禁書目録』も含めると第4期です!)。
●本物?
御坂美琴「ふ〜、溢れる木漏れ日が眩しいわね!」
白井黒子「(こんな気色悪いお姉様を見るのは初めてです!)」


しかも白井黒子が(故意では無いですが)御坂美琴の胸に飛び込んでも全く怒られない。そこで御坂美琴が本物ではないのでは?と訝しがった白井黒子は、

白井黒子「今日のお姉様の下着はオレンジ水玉にウインクする…。」

御坂美琴、白井黒子に対してお仕置き電撃プレイ炸裂!

※本物でした。
●買い物
初春飾利や春上衿衣、佐天涙子達もやってきて、今度の広域社会科見学のときへの準備物の買い物を相談しています。特に佐天涙子は、

佐天涙子「買いたい物が多過ぎてお金が足りない!こんなとき、あのマネーカードがあったら…。」

※あの事件は解決していないようです。

ちなみに初春飾利の目的は電子炊飯器。

初春飾利「春上さんがルームメイトになってから、御飯が足りなくて…。」
春上衿衣「すみません。」


ちなみに電子炊飯器、予算オーバーながら御坂美琴の値切り交渉によって辛うじて購入出来たようです。

そして春上衿衣は初めての水着購入なのですが…。白井黒子は御坂美琴の妙なハイテンションが気になる様子。
●ドッペルゲンガー
佐天涙子「そういえば此処、美琴さんのそっくりさんを見掛けた場所ですよ。」

確かに以前、佐天涙子が見付けたのは御坂美琴のそっくりさん。その正体は?

※以前、「とある魔術の禁書目録」で御坂妹(シスターズ)と呼ばれるクローン人間が登場したのを思い出されます。もしかしたら…。
●ミサカ妹(シスターズ)
休日、特にやる事も無しで暇を持て余している御坂美琴。コンビニに行くも新しい雑誌も無し。やむなく公園で寝ていると、小学生から缶蹴りに誘われます。

そんな中、例の廃病院にある研究施設でミサカ妹(シスターズ)が誕生し、漸くある程度の知識等を身に付けた状態になったようです。

研究者「ハロー!調子はどう?言ってる意味、分かる?」
ミサカ妹「日常会話における導入、いわゆる挨拶であると御坂は判断します。」


9982号と名付けられたミサカ妹は無感情に、そして相変わらず羞恥心も無い状態。

※ちなみに研究者(女性)の目の前で全裸になっていますが、仮に男性の目の前であったとしても同じく無反応でしょう。

その頃、御坂美琴(本物)はガチャガチャに興じるもお目当ての景品(カエルのバッジ)は全く出ず!結局、何百回挑戦して漸く当たりが出るも…。

※コレクターならいざ知らず、そこまでする事なのでしょうか?

その帰り道、御坂美琴に対して何かの電波のような感覚が!それは彼女と同じような能力を持つ者、というより全く同じ者というべき存在…。

そして2人は遂に出会ってしまったのです!

「とある科学の超電磁砲S」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第3話「ミサカ妹再び!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第2話「マネーカード事件」(ネタばれ注意)
【アニメ】「とある科学の超電磁砲S」第1話「サプライズ!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「とある科学の超電磁砲S」TVアニメ公式Webサイト
「とある科学の超電磁砲S」AT-X公式Webサイト