●ふくからに

(画像:「ちはやふる2」公式Webサイトより)
©末次由紀/講談社/VAP/NTV

TVアニメ「ちはやふる2」が日本テレビ系で放映されています。

主なキャスト
綾瀬 千早(CV:瀬戸麻沙美さん)
綿谷 新(CV:細谷佳正さん、小学生時代 CV:寺崎裕香さん)
真島 太一(CV:宮野真守さん 小学生時代 CV:高垣彩陽さん)
大江 奏(CV:茅野愛衣さん)
駒野 勉(CV:代永翼さん)
西田 優征(CV:奈良徹さん)
花野 菫(CV:潘めぐみさん)
筑波 秋博(CV:入野自由さん)
若宮 詩暢(CV:中道美穂子さん)
山本 由美(CV:甲斐田裕子さん)
逢坂 恵夢(CV:松本さちさん)
夕部 慶子(CV:北西純子さん)
山井 真琴(CV:斎賀みつきさん)
江室 凌雅(CV:小野友樹さん)
桜沢 翠(CV:林原めぐみさん)
山城 理音(CV:高垣彩陽さん)
木梨 浩(CV:中井和哉さん)

●ストーリー
「ちはやふる」、綾瀬千早(あやせ ちはや)が小学6年生からはじめた競技かるたがにまつわるお話を中心に展開する物語。そんな彼女が都立瑞沢高校へ進学し競技かるた部を設立しクイーンを目指す作品です。

※「ちはやふる2」は「ちはやふる」の第2期です!
●全国大会団体戦決勝戦開始!
ついに全国大会団体戦決勝戦開始!一枚目の札が詠まれた瞬間!

「スパッ!」

富士崎高校側が一斉に動きます。しかも明らかに瑞沢高校側が反応出来なかったくらいの早さで。

綾瀬 千早「早さが…。感じが良いとかだけではなく、明らかに…。」
桜沢 翠「5枚差。序盤でこれだけの差がつけば瑞沢高校に全敗の予感をさせる事が出来るわ。」

※更に専任読手は山城 理音の祖母。そういう面でも富士崎高校が有利ではあります。ちなみに富士崎高校はもちろん実力的には強いのですが、その根拠は「体力」。桜沢 翠先生の徹底的な基礎体力作りと競技かるたの融合にあるようです。
●詠みの色
綾瀬 千早「(山城 理音は)なぜ2字決まりが1字目を聞いただけで取れるの?」

確かに山城 理音には「感じ」が良いだけでは説明が付かない部分があります。それは何故なのか、その時点では不明ですが…。

その直後、綾瀬 千早は大江 奏から聞いた事を思い出します。

大江 奏「専任読手の山城さんは詠みに色があるんですよ。」

これは音を聴いて視覚的に札を見るというだけではなく、「詠み」自体に色(イメージ)がある。そのため同じ音のように聴こえたとしてもその後に続く言葉の判断も1字目(正確に言えば1字目の発声の途中)で出来ると言うものです。

※例えて言えば、メロディが付いている歌の場合、メロディがここでいう「色(イメージ)」に該当します。

そして、綾瀬 千早以外の4人も大苦戦を強いられています。
●綾瀬 千早、流れを掴むか?
綾瀬 千早にも山城 理音ほどでは無いにしろ数枚は詠みの色を読み切る事が出来ます。それは「感じ」が良いという事の延長線上というよりは、彼女が後天的に身に付けた能力。もちろん、そんなに長くは続かないとは言え(お手付きが増える為)、

綾瀬 千早「流れはこうやって引き寄せるんですよね。先生。」

こうして彼女に流れが傾いてきたかに見えたのですが…。

しかし、普段は殆どミスをしない真島 太一をはじめ全体的にミスが目立ってきます。
●綾瀬 千早の怪我
綾瀬 千早は先ほどの交差で右手人差し指を突き指をしてしまいます。ところが逆に山城 理音は動揺したためなのか動きが鈍くなってしまいます。そのため綾瀬 千早がやや巻き返しを図ってまいりますが…。

綾瀬 千早「私が練習してきたのは右手中指。札の端を弾く事!」

綾瀬 千早のイメージする競技スタイルは若宮 詩暢のスタイル。そのためこの怪我は逆に競技スタイルを変える良い機会なのかもしれません。

綾瀬 千早の怪我をしても諦めない姿勢、それが瑞沢高校の他の4人にも気合いを入れたようです。

「ちはやふる2」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ちはやふる2」第16話「今回は総集編!(2回目)」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ちはやふる2」第15話「団体戦決勝戦開始!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ちはやふる2」第14話「データ分析能力!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ちはやふる2」第13話「逢坂 恵夢の闘志!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ちはやふる2」第12話「天然娘!逢坂 恵夢」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ちはやふる2」TVアニメ公式Webサイト