●またしても、彼は元来た道へ引き返す。

(画像:「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」公式Webサイトより)
© 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。

●キャスト
比企谷 八幡(ひきがや はちまん):江口拓也
雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの):早見沙織
由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい):東山奈央
戸塚 彩加(とつか さいか):小松未可子
材木座 義輝(ざいもくざ よしてる):檜山修之
比企谷 小町(ひきがや こまち):悠木碧
平塚 静(ひらつか しずか):柚木涼香
葉山 隼人(はやま はやと):近藤隆
海老名 姫菜(えびな ひな):ささきのぞみ
三浦 優美子(みうら ゆみこ):井上麻里奈
川崎 沙希(かわさき さき):小清水亜美
川崎 大志:村瀬歩
雪ノ下 陽乃(ゆきのした はるの):中原麻衣

●ストーリー
千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は幼少時から友達ができず、その結果友達を作ることを諦め「ぼっち」を極めようとしていたが、生活指導担当の教師、平塚静に目をつけられ、学校一の美少女、雪ノ下雪乃が所属する「奉仕部」に入部させられた。奉仕部は生徒の問題を解決する手助けをする部であり、表立ってはその活動が明らかにされておらず、静による紹介によって生徒が送り込まれて来る。

奉仕部に入部した八幡は、彼とは正反対のカーストに属する由比ヶ浜結衣、中二病全開の材木座義輝、テニス部員で可愛い女子にしか見えない戸塚彩加たちと行動を共にするようになる。
●川崎 沙希、彼女も孤独な存在
比企谷 八幡「世の中には重役出勤という言葉がありまして…。」
平塚 静「お前の将来は働いたら負けの専業主夫だろ!」


このように遅刻の言い訳をする比企谷 八幡ですが、当然ながら平塚 静先生のお仕置きプレイ炸裂!但し、彼のほかにもう一人の遅刻者が、

平塚 静「川崎 沙希、君も重役出勤かね?」

川崎 沙希、彼女は遅刻の言い訳もせず堂々と倒れている比企谷 八幡の前を通り過ぎますが、

比企谷 八幡「(彼女のパンティを見て)あっ、黒のレース!」
川崎 沙希「馬鹿じゃないの?」


川崎 沙希は長身で細身のモデルと見紛うほどの美少女ですが、クラスでは浮いてしまっているようです。今回はそんな彼女がメインのお話。
●最近、うちの姉が不良になりまして…。
ある日、比企谷 八幡が予備校から帰ろうとすると川崎 沙希が嘆息をついています。そのときは特に何も気にしなかったのですが…。

雪ノ下 雪乃「慣用句の問題。風が吹けば…。」
由比ヶ浜 結衣「京葉線が停まる?」
雪ノ下 雪乃「正解は、桶屋が儲かる。」

雪ノ下 雪乃「地理より出題。千葉県の名産を2つ答えよ。」
由比ヶ浜 結衣「味噌ピーと茹でピー?」
比企谷 八幡「落花生しかないのかよ?この県には。」


※確かに千葉県の名産については解答が特定しにくいですね。

そこにやってきたのは比企谷 小町と友達の川崎 大志。どうやら川崎 大志は何か相談事があるようですが…。

相談内容は彼の姉である川崎 沙希が不良化したと言うこと。毎日、深夜(午前5時過ぎ)に帰るようになった姉を心配しているということですが…。

雪ノ下 雪乃「彼の姉はうちの学校の生徒。これは奉仕部の仕事の範疇だと思うけれど。」
●策を講じる一同
比企谷 八幡「で、うちの猫をどうするんだ?」
雪ノ下 雪乃「動物で癒される事を狙います。」


どうやら川崎 沙希を猫で癒そうという事ですが…。

雪ノ下 雪乃「にゃあ、にゃあ。」
かまくら(猫)「にゃあ。」
比企谷 八幡「何してるのお前?」


癒されたのは雪ノ下 雪乃のようです。但し、川崎 沙希の猫アレルギーが判明して計画中止!

そこで平塚 静先生に依頼し、川崎 沙希の帰りが遅い理由を問い正すも、

平塚 静「御両親の気持ちを考えて…。」
川崎 沙希「て、ゆうか。先生、親の気持ちなんて分からないでしょ。独身だし。」


平塚 静先生、玉砕!

由比ヶ浜 結衣「元に戻すよいうより、更に変えてみたらどうかな?女の子が変わる理由なんて一つでしょ!」

葉山 隼人に頼み川崎 沙希に告白しようとするも、

玉砕!

なかなか難儀なようです。
●エンジェル何とか?
そこに比企谷 小町から電話が!川崎 沙希が勤務していると思われる「エンジェル何とか」というお店から電話があったようです。そこで千葉市の「エンジェル何とか」というお店を探すと2軒しか無く、そのうちの一軒が「メイドカフェ エンジェル」。

メイドカフェに詳しくないため、その筋に詳しそうな人材を招集したのですが…。

材木座 義輝「漸く我の出番か!」

そこで「メイドカフェ エンジェル」に入店してみる事に…。

由比ヶ浜 結衣「お待たせしました、ご、ご主人様。似合うかな?」

何と彼女がメイド服を着ています、しかも雪ノ下 雪乃もメイド服を…。但し、

雪ノ下 雪乃「川崎 沙希さんはここにはいないみたいよ。」

※シフト表を見ての確認なので間違いはないようです。それではもう一軒の方でしょうか?
●川崎 沙希のアルバイト
もう一軒の「エンジェル何とか」は高級ホテルの「エンジェルラダー 天使の膝端」。

ドレスコードもある高級バーなのですが、そこでバーテンダーをしている川崎 沙希が!

ここで雪ノ下 雪乃は時計を見ながら(午後9時50分)彼女に対して、労働基準法第61条1項(年少者の深夜就労の禁止)を主張します。

※つまり、彼女は年齢を誤魔化して働いている事になります。

彼女がそこまでして働いている理由は?
●スカラシップ
川崎 沙希が働いていたのは彼女自身が大学進学を目指すために予備校へ通う費用を捻出するため。そこで、

比企谷 八幡「川崎、お前。スカラシップって知ってる?」

スカラシップとは予備校での奨学金制度の事。これによって彼女の経済的事情は解決したようです。

※しかしながら、奉仕部で一番的確に問題解決しているのは比企谷 八幡なのですね。

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第4話「(職場見学を)やらないか」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第3話「てーきゅう」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第2話「中二病全開の男」(ネタばれ注意)
【アニメ】「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」第1話「奉仕部とは?」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」TVアニメ公式Webサイト