ラトビア作品「ドリーム・チーム1935」の一場面

写真拡大

ヨーロッパ映画の多様性と製作者の幅広い才能を日本に紹介する映画祭「EUフィルムデーズ2013」が、5月31日から6月下旬までイタリア文化会館(東京都千代田区)で開催される。

同映画祭は、在日欧州連合(EU)加盟国大使館・文化機関と駐日欧州連合代表部の共同開催により、「2013年日・EUフレンドシップウィーク」の一環として開催されるもので、第11回を迎える今年はEU加盟27カ国中20カ国から選りすぐった作品を紹介し、7月1日に新たにEUに加盟するクロアチアの作品も上映される。また、数カ国から監督が来日しティーチインなども行われる予定だ。

イタリア文化会館の東京会場以外に、高松、岡山、金沢、佐賀でも一部作品を上映する。上映作品は公式サイト(www.eufilmdays.jp/)で紹介、会期は5月31日〜6月5日、6月10〜19日、23〜26日。

■関連記事
EUフィルムデーズ2012が開幕 ハンガリーから監督が来日
ハンガリーの気鋭監督、共産主義時代の思い出を熱く談義
ナスターシャ・キンスキーとポランスキー監督がカンヌで久々2ショット
ペドロ・コスタ、カウリスマキ×エリセ×オリベイラとのオムニバス作に、ゴダールも参加予定だったと明かす
ケン・ローチ監督、イラク戦争の闇に迫った新作公開決定