今、日本百貨店協会が主催する「ご当地キャラ総選挙」で、全国の自治体が熾烈な選挙戦を繰り広げているが、多忙を極めるゆるキャラたちは、忙しい上に、さらに支出もかさむ。

 ゆるキャラには自治体が国の緊急雇用創出推進事業補助金を使って民間委託しているものと、公認キャラとして自治体から独自に予算が出ているものがある。

 群馬県の「ぐんまちゃん」は県の公認キャラで、今年度の予算額は1427万8000円だという。

「ここに職員の人件費は含まれていません。正直、私たち職員だけでは忙しくて対応しきれない場合があり、その時は民間業者に依頼します。その委託費が予算額の約3割。その他は、イベントで配布するノベルティや、イベント参加費、交通費、着ぐるみの手入れ、印刷代などになります」(ぐんまイメージアップ推進室)

 県のPR活動が目的のため、イベントの出演料は無料で、交通費も自治体負担。PR活動の結果、県が委託しているアンテナショップなどで収入があった場合は、その一部は県に入るが、それでも経費の負担は決して小さくない。

 着ぐるみ代もばかにならない。近年増えている、内部で風船を膨らませてボディの形状を保つタイプの製作会社担当者が説明する。

「エアー着ぐるみは1体50万〜70万円。約3kgのバッテリーを付けたベストを中で着てもらいます。通常タイプより10万円ほど割高です」

 今、ゆるキャラ界きってのヒーローといえば、熊本県の「くまモン」だろう。そのキャラクター利用商品の昨年1年間の売り上げは293億6200万円にのぼる。熊本県はくまモンのキャラクター利用料を取っていないが、「熊本県のPRにつながるか、県産品のPR促進につながる」ことを許可の条件にしているため、税収で潤っているはず。

 だが、PHP研究所地域経営研究センター・佐々木陽一主任研究員は首を振る。

「くまモンでさえ、コストと税収増の数字を試算すると、コストが上回っている可能性が高い。規模は違いますが、各自治体も同様に赤字でしょう。しかも、ゆるキャラの世界は栄枯盛衰が激しく、泡沫キャラも数知れない。ゆるキャラたちが生き残っていくためには、コストとのバランスがより重要になる」

※週刊ポスト2013年5月17日号