<ウェルズファーゴ選手権 2日目◇2日◇クエイルホロークラブ(7,442ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー「ウェルズファーゴ選手権」の3日目。トータル2オーバーの69位タイで予選を通過した石川遼は、4バーディ・3ボギーの“71”で回りトータル1オーバーでホールアウト。順位を47位タイまで上げて最終日に臨む。
 石川は1番で約7メートルを決めてバーディを先行させると、3番では10メートル以上のロングパットを沈めて2つ目のバーディ。さらに、5番、7番と2つのパー5でバーディを積み重ね一時は2アンダーまでスコアを伸ばしてみせる。しかし、9番でセカンド、アプローチのミスが重なりボギーを叩くと、13番、最終18番もグリーン周りで苦しみボギーとして3日目の競技を終えた。
 首位はトータル8アンダーで並んだニック・ワトニー(米国)とフィル・ミケルソン(米国)。1打差の3位にジョージ・マクニール(米国)がつけている。ローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル5アンダーの10位タイに後退した。
【3日目の順位】
1位T:ニック・ワトニー(-8)
1位T:フィル・ミケルソン(-8)
3位:ジョージ・マクニール(-7)
4位T:ジョン・センデン(-6)
4位T:ライアン・ムーア(-6)
4位T:ロバート・カールソン(-6)
4位T:デビッド・リーン(-6)
4位T:デレク・アーンスト(-6)
4位T:リー・ウェストウッド(-6)
10位T:ローリー・マキロイ(-5)他4名
47位T:石川遼(+1)他11名
<ゴルフ情報ALBA.Net>