逆転優勝を狙い明日はスコアを伸ばしたい松村(撮影:米山聡明)

写真拡大

<中日クラウンズ 3日目◇4日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「中日クラウンズ」の3日目。5位から出た松村道央は4バーディ・3ボギーの69でラウンド。スコアを1つ伸ばしトータル1オーバーで首位と2打差の単独2位に浮上した。
松山英樹の1打速報配信中!
 松村は「前半はほぼ100パーセントの出来」とスコアを2つ伸ばして折り返す。後半は2つのボギーが先行する苦しい展開となったが、最終18番で「最終組に入りたかったから強めに打った」バーディパットを入れ、バーディ締め。希望通り最終日最終組に入り、逆転優勝を狙える位置で最終日に臨む。
 「松山(英樹)君と回りたい」と話した松村だったが、首位スタートの松山は後半で失速してしまい残念ながら1つ前の組に。「今勢いのある松山君と回りたかった」がその願いはこの大会ではおあずけに。自身は2010年「カシオワールドオープン」以来のツアー通算3勝目を目指す。「チャンスが来たので狙いたいですね」。片山晋呉、スティブン・コンラン(オーストラリア)らベテランと勢いのある松山を退け、栄冠をつかめるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹は後半に大失速「最後までズルズルと…」3位Tで最終日へ
石川遼、スコア落とすもギリギリ予選通過!ミケルソン首位
LIVE写真館で最新試合をチェック
各ツアー情報も配信中
各ツアー賞金ランキング