<中日クラウンズ 3日目◇4日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「中日クラウンズ」の3日目。2週連続優勝へ向け、単独首位からスタートした松山英樹は前半快調なスタートを切るが、後半に大失速。順位を落とす結果になってしまった。
松山英樹の1打速報「中日クラウンズ」
 松山は出だしの1番で幸先良くバーディを奪うと、5番ではセカンドショットをそのままカップへ放り込みイーグルを奪取。9番でもバーディを奪いハーフターン時には2位に6打差をつけ独走していた。しかし、後半に入ると11番でボギーが先行。14番ではティショットでOBとすると、このホールは痛恨のダブルボギー。そこからずるずると崩れ4連続ボギーを叩いてしまう。結局この日は1イーグル・2バーディ・5ボギー・1ダブルボギーの73でホールアウト。スコアを3つ落としトータル1オーバー、首位と3打差の3位タイに後退した。
 「最後までズルズルといってしまった。これがこのコースの難しさ」と後半の失速を少し悔しそうな表情をみせた松山。14番からはショット、アプローチともに「上手くいかなかった」と悪いことが重なってしまった。前半はすべてのホールでパーオンしたが、後半は1回だけ「その差でしょうね」と苦笑した。同組の片山は前半耐え、後半から長いパットを決めスコアを伸ばしたが「粘り強い。崩れないようマネージメントしてた。思うように球を操っていて勉強になりました」と永久シードプロの粘りのプレーを賞賛した。
 首位とは3打差。「明日、いいスコアで回って晋呉さんの背中を追いかけたい」、明日は最終組の1組前でスタート。序盤からバーディを獲り、片山にプレッシャーをかけることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹が単独首位に!「経験がない」のが良かった!?
片山晋呉が2位に浮上「和合と仲良くできた」
LIVE写真館で試合をチェック
各ツアー情報も配信中
各ツアー賞金ランキング