ロエベ新作「Tales of Spain」ラフォーレ原宿に初の限定ショップ出店

写真拡大

 「LOEWE(ロエベ)」が、カジュアルで若さあふれる新作コレクション「Tales of Spain」を発表した。5月中旬から順次、阪急うめだ本店と伊勢丹新宿店、そしてラフォーレ原宿で6月13日から開催される「LOEWE」初のポップアップショップ「LOEWE KIOSCO* "Tales of Spain"」で販売する。

ロエベの遊び心溢れる新コレクションの画像を拡大

 「LOEWE」クリエイティブディレクターのStuart Vevers(スチュアート・ヴィヴァース)は2009年に就任して以降、「ブランドが受け継いで来たクラフツマンシップへの敬意」と「スペイン発祥であることへのこだわり」の2つの価値基準に基づいてクリエイションを発表。「Tales of Spain」では新たに3つ目の価値基準「ブランドが持つ価値を若い世代により身近なものとすること」を設け、ブランドの伝統的なモチーフ「マントン・デ・マニラ」 「マリポサ・エスパニョーラス」「バロッコ」の3つのラインを組み合わせた多彩なアイテムを展開する。アイテムは、アイコンプリントのスカーフをはじめ、トートやショルダー等のバッグ、チャーム、ベルト、ブレスレット、アナグラムが入ったスウェットシャツ、ネイルステッカー、テンポラリータトゥーなどをラインナップ。これまでの「LOEWE」にないアイテムも揃える。

 4日間限定の「LOEWE KIOSCO* "Tales of Spain"」では、「マントン・デ・マニラ」「マリポサ(蝶)」「バロッコ」の3つの柄で限定ショップを鮮やかに装飾。ショッピングスペースのほか「Tales of Spain」のアイテムが当たるガチャガチャなどを用意し、遊び心を取り入れた演出を施す。

■販売スケジュール
・5月22日(水)〜 6月 4日(火) 大阪/阪急うめだ本店
・6月5日(水)〜 6月18日(火) 東京/伊勢丹新宿店
・6月13日(木)〜 6月16日(日) LOEWE KIOSCO “Tales of Spain”(東京/ラフォーレ原宿 玄関前スペース)