ウッディ・アレン新作に出演するコリン・ファースPhoto by Jason LaVeris/FilmMagic

写真拡大

ウッディ・アレン監督が現在準備中の新作映画に、ヒロインのエマ・ストーン(「アメージング・スパイダーマン」)の相手役としてコリン・ファースが決定したと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

これまでのアレン作品と同様、タイトルと内容は不明だが、南仏を舞台にしたロマンティックコメディになるという。ファースは、「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズのマーク・ダーシー役で知られているが、ストーンを相手にどのような演技を披露するのか目が離せない。

今作は、アレン作品としては、フランスを舞台にするのは「ミッドナイト・イン・パリ」に続き2作目、ヨーロッパを舞台にした映画としては8作目にあたる。なお、アレック・ボールドウィン、ケイト・ブランシェットらが出演した最新作「ブルー・ジャスミン」は、7月26日に全米公開予定。

■関連記事
ウッディ・アレン次回作は南仏が舞台 エマ・ストーンが主演?
仏映画ファンが選ぶウディ・アレン作品 1位は「マンハッタン」
豪華キャストがズラリ W・アレン最新作「ローマでアモーレ」待望の予告編公開!
「裏切りのサーカス」続編企画が始動
小説「ブリジット・ジョーンズの日記」第3弾が今秋刊行