現在放送中のTBS系ドラマ『潜入探偵トカゲ』や、5月11日より公開の映画『探偵はBARにいる2』など、世はハードボイルドでカッコイイ“探偵”を主役とするドラマで溢れている。

 もちろん、実際に探偵を生業としている人たちの中にも、ドラマさながらの追跡・素行調査で夫婦の浮気現場を押さえたり、ときには体を張って壮絶な修羅場を食い止めたりと、熱血漢は多い。総合探偵社(株)MRの協力を得て、知られざる探偵の苦労談や仰天のエピソードなど、探偵ビジネスの裏側を覗いてみた。(以下、MR所属探偵の証言)

■「探偵」は体力と根性が勝負

・2時間に及ぶ女性のショッピング尾行は、同じフロアを延々と行ったり来たりの繰り返しで、精神的に疲弊した。

・宮城で3日間調査を行った後、そのまま沖縄に飛んで4日間調査。その後、鹿児島・大分・福岡・長崎で各2日間、最終的に大阪と名古屋で終了。自宅に帰ったら新聞がポストからはみ出し、大家に夜逃げや失踪の心配をされて大事になった。

・8月のうだるような暑さの早朝、出勤前の愛人宅を張り込み。隣接する公園のベストポジションをキープしたが、そこはモノ凄い数の蚊の巣窟。人間は蚊に刺される数の限界を超えると、思ったよりかゆみを感じないと知った。

・夏に浮気現場を追って行ったら、ウォーキングラリーに参加することになり、40キロ近く1日中歩かされた。

■「探偵」は見た! 浮気現場の仰天エピソード

・毎日帰宅が深夜になる夫に「愛人がいるから調べて欲しい」と依頼者の妻。調査してみると、なんと愛人宅は依頼者の自宅の隣のブロックだったことが判明。夫は少しでも一緒にいる時間を長くしたかったのか、自宅の近所に愛人を引っ越しさせていた。

・妻を尾行中のこと。いきなり身体を反転させて後ろ向きに歩き出したので、「これは警戒されている」と遠巻きに観察するハメに。依頼者である夫に話を聞くと、妻は大の健康オタクで、今は“後ろ向き歩き健康法”にはまっているとの事……。夫曰く、「すぐ飽きて違う事をやり出すから大丈夫!」。

・夫の浮気調査の報告をしたときのこと。愛人の顔を見て、妻が凍りついた愛人は、なんと妻の実姉だった。

・夫を尾行していた時のこと。満員電車に乗ったので私も追って乗り込んだ。すると、なんと夫が、目の前に立っている女性のお尻を触っているではありませんか! 痴漢行為に及んだ後、夫は電車を降りて走り始めたので、必死に追い続けたところ、夫はラブホテルの中へ。すると、数分後に先ほど痴漢をされていた女性が一人でそのラブホへ入っていった。まさに点と点が繋がった瞬間。痴漢プレイまでやってのけるなんて……。

■「探偵」は見た! ドラマのような修羅場

・依頼者の妻が別居先の夫のマンションに押しかけてきた。インターホンを押しても出てこない夫に腹を立て、消火器でドアノブを叩き落とし中に入り、大変な修羅場となった。

・車の中で情事を重ねていた不倫カップルを遠方で監視していた際、なぜか依頼者がその場所を突き止め車両に突入。その後、裸同然の男女が車から走って逃げ回っていた。

・深夜に愛人宅から裸足で飛び出た夫。おタマを持って追いかける愛人。救急車は来るし、パトカーは来る。そのどさくさに紛れ、夫は奥様のもとに「助けてくれ〜」と逃げ帰った。

■「探偵」はドラマの主人公のようにモテるのか?

・合コンで「オレ、実は探偵なんだ!」と言うと、やたらとモテるのかと思いきや、食い付きがいいのは最初だけで、付き合ったら尾行されるんじゃないかと引かれる。

・「探偵ってどんな事をしているの?」と興味を持って話し掛けられる。特に男性からは「探偵になりたかった」「憧れていた」と羨ましがられることが度々あります。私が誇りを持って仕事をしている理由はここにあるのだと思います。カッコイイ仕事の裏側は大変ですが、世間では憧れの職業なんだと嬉しく感じています。

【総合探偵社(株)MR】
2003年、宗万真弓氏が設立。依頼者の心のケアを大事にしたカウンセリング担当制度のある探偵会社。2011年度の契約数は1806件、売り上げは約21億円。東京本部がある池袋をはじめ、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、宮城県など、関東地方を中心に14店舗を展開する。(総合探偵社MR http://www.0120128888.com/)