オンラインシアターでの配信が決定した「HK 変態仮面」(C)2013「HENTAI KAMEN」製作委員会

写真拡大

現在劇場公開中で話題を集めている「HK 変態仮面」が、5月7日からオンラインシアター「KINEZO CINEMA」で配信されることが急きょ決定した。

公開決定時から大きな反響を呼んだ本作は、4月6日に東京・新宿バルト9で先行上映が行われ、翌週13日に全国12館で封切り。その後も上映館数を27館まで増やし、公開規模にもかかわらず、同30日には興行収入が1億円を突破する破竹の勢いをみせている。

原作ファンだけでなく、若い女性やカップル、ファミリー層も劇場に足を運んでおり、新宿バルト9では満席が続いたために鑑賞できないファンもいたという。公式SNSには、「劇場に行っても鑑賞できない」「上映している映画館が近所にない」と、上映館数の増加を希望する声が数多く寄せられたそうだ。また、「変態仮面」というタイトルが「恥ずかしくて見にいけない」という意見も多く見受けられたため、製作委員会は劇場公開と並行してオンラインシアターでも公開することを決定した。

今回のオンラインでの配信は、劇場で見たくても見られない人たちにとって絶好のチャンス。配給のティ・ジョイによれば、現在のところ本作を買い付けたテレビ局はなく、地上波はもちろん、BSやCSでも放送されるめどは立っていない。

1992〜93年に「週刊少年ジャンプ」で連載された伝説的な人気漫画「究極!!変態仮面」を実写映画化。女性用パンティをかぶると人間の潜在能力が極限まで引き出され、超人“変態仮面”に変身する主人公・色丞狂介(しきじょうきょうすけ)を鈴木亮平が演じる。「勇者ヨシヒコ」シリーズや「コドモ警察」など異色コメディを多数手がける福田雄一監督がメガホンをとり、原作の大ファンを公言する俳優の小栗旬が脚本協力として参加した。

「KINEZO CINEMA」(http://cinema.kinezo.jp)は、劇場公開中の作品を期間限定で配信するオンラインシアター。劇場公開の終了とともに、オンラインでの配信も終了する。1コンテンツ1200円で、作品購入後24時間以内なら何度でも視聴できる。

■関連記事
鈴木亮平「変態仮面」ヒットを肌で実感!GWには上映館が拡大
鈴木亮平「変態仮面」初日に感激&手ごたえ「これが映画だ!」
「変態仮面」台湾のプレミア上映で爆笑の渦 主演の鈴木亮平も大満足
片瀬那奈、ボンテージで鞭打つ「変態仮面」ドSの母親 撮影は「激しすぎて…」
「変態仮面」が鈴木亮平主演で映画化!小栗旬が脚本協力