パットとショットが噛み合い首位タイ発進の原江里菜(撮影:福田文平)

写真拡大

<サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 初日◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部東コース(6,445ヤード・パー72)>
 千葉県にある鶴舞カントリー倶楽部東コースを舞台に開幕した「サイバーエージェント レディス」の初日。首位から2打差以内に15人が並び大混戦の様相を呈する中、5バーディ1ボギーの“68”をマークした原江里菜が首位タイにつけた。
「サイバーエージェントL」での女子プロたちの活躍はLIVE写真館からチェック!
 先週からパットのフィーリングが良くなったという原。「今までは出球が左に行く傾向があったんですけど、キャディさんと相談して、ストロークで頭を残す時に高さも変えないように意識したんです。そうしたら、かなり良くなりました」と話すように、ストロークが改善され、自信を持って打てるようになったようだ。
 「今日はただピンを狙うのではなく、パットを打ちやすいラインにつけるようにマネジメントしました」とがむしゃらに攻めるのではなく、しっかり狙うエリアを決めてセカンドを打ってきた。このマネジメントを忠実に実行することで、自信を持ってストロークできるようになったパットと今季ずっと好調を維持するショットが噛み合い、初日の好発進につながった。
 「明日もしっかりパッティングの打ちやすい所にマネジメントしてプレーしていきたいです」と明日以降の同様のマネジメントで攻めることを語った原。3月の「PRGRレディス」では優勝争いを演じたものの、4位タイと優勝には届かなかった。2008年の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」以来となるツアー2勝目を挙げることができるか、大いに注目したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
プロを目指した男が語る最新クラブのシンジツ!
2013年女子プロたちの活躍を写真で振り返る!
今回はコースで見つけた美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」