体調を崩し苦しいラウンドになったが、首位タイの好スタートを切った横峯さくら(撮影:福田文平)

写真拡大

 千葉県にある鶴舞カントリー倶楽部東コースを舞台に「サイバーエージェント レディス」が開幕した。今大会、92試合連続予選通過という新記録がかかる横峯さくらは6バーディ2ボギーの“68”をマーク。櫻井有希、原江里菜と並び首位タイ発進を決めた。
「サイバーエージェントL」の模様はLIVE写真館でチェック!
 
 新記録樹立、そして復活優勝に向けて最高のスタートを切った横峯だが朝から体調不良を訴えていた。「風邪という訳ではないですけど、体がダルいというか…今日は集中できたりできなかったりって感じでした」と万全とは言えない体調のまま初日を迎えていたようだ。
 しかし終わってみれば4アンダーの首位タイ発進。これには横峯も「よく頑張ったと思います」と振り返った。体調こそ万全ではないものの、ショットの調子は上向いていることが横峯のゴルフを後押し。また先週から運も向いてきたようで、「2番では20メートルのアプローチが入ってくれたし、3番もピンチをパーでしのげました。いつもカップに蹴られるような5、6メートルのパットが今日は入ってくれましたね」と話した。
 「明日はしっかり体調を戻してプレーしたいです」今季ここまで2位が2回。初日首位発進と予選通過を気にする順位ではなくなったため、期待がかかるのは新記録樹立よりも久しぶりの復活優勝だろう。明日以降の優勝争いのためにも、まずは体調をしっかりと戻して万全の状態で週末のプレーに入ってほしい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
美香プロが曲がらないドライバーをレッスン!AKB鈴蘭のナンでもやってやろう
美女ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
プロを目指した男が最新クラブを斬る!今回は遼も使うあのクラブ