ミュージカル「ロッキー」の製作陣 - ヴィタリ・クリチコ(左後)、ウラジミール・クリチコ(右後)、シルヴェスター・スタローン(前列中央)
 - Christian Augustin / Getty Images

写真拡大

 シルヴェスター・スタローンの名作『ロッキー』のミュージカルが来年ブロードウェイで開幕するという。

 このミュージカルはスタローンが、ボクシングのヘビー級チャンピオン兄弟ウラジミールとビタリ・クリシュコと一緒に企画したもので、昨年11月にドイツのハンブルクで開幕。大成功を収め、来年2月にブロードウェイのウィンターガーデン・シアターでの上演が決まったとのこと。

 「このミュージカルはボクシングの話だが、本質的なストーリーは、それぞれの世界で孤独を感じ、苦しい思いをしている2人の人間のラブストーリーなんだ」と共同プロデューサーをしているStage Entertainment USAの最高責任者ビル・テイラーはコメント。ボクシングのほか、エイドリアンとロッキーの恋愛もしっかりと描かれているようだ。

 音楽はトニー賞を受賞している作詞家のリン・アーレンズと作曲家のスティーヴン・フラハーティが担当。オリジナル曲に加え、『ロッキー』シリーズで使われたロッキーのテーマ曲、映画『ロッキー3』の代表曲「アイ・オブ・ザ・タイガー」も使われているという。(BANG Media International)