JR東京駅のエキナカで「銀の鈴」フェア開催 - 限定スイーツなど登場!

写真拡大

JR東日本グループの鉄道会館が運営する東京駅のエキナカ施設は、5月27日〜6月16日、東京駅の定番待ち合わせスポット「銀の鈴」をモチーフとしたスイーツや弁当を販売する「銀の鈴フェア」等を開催する。

東京駅地下1階エキナカ商業施設「GRANSTA(グランスタ)」内各店では、フェア期間中限定商品など各種を用意する。イタリア・トリノの老舗チョコレートブランド「カファレル」は、銀の鈴をイメージしたデザインの「スプンティーノ」を販売。ふんわりした食感でジャンドゥーヤ風味のカファレル風オリジナルおやつで、販売期間は5月27日〜6月10日。価格は315円。

和菓子「銀座 甘楽」の「鈴逢せ〜メロン〜」は、白あんにメロンピューレを練り込んだメロンあんを桃山生地で包み、銀の鈴をイメージした。販売期間は5月27日〜6月10日。価格は1個200円。 横浜元町・創作和菓子「元町 香炉庵」の「東京鈴もなか」は、銀の鈴をイメージした形の香ばしいもなか。モチモチのぎゅう肥とこしあんを包んだ。価格は1,000円。

京都の老舗茶舗「京はやしや」の「抹茶サブレ&クッキー」は、銀の鈴をかたどった抹茶サブレが4枚と抹茶クッキー8粒のセット。石臼ひき抹茶を使用した和のおいしさが広がる上品な洋菓子で、銀の鈴モチーフの限定パッケージに入っており土産にも向く。価格は700円。

和・洋スウィーツ「京橋千疋屋」の「銀の鈴デザート」は、ホワイトチョコと甘酸っぱいラズベリーソースを組み合わせ、銀の鈴をイメージしたぶどうをあしらった。販売期間は5月27日〜6月10日。価格は525円。

とんかつ専門店「とんかつ まい泉」の「ヒレかつとたまごのポケットサンド」は、銀の鈴の焼き印が押されたポケットサンド。手を汚さずに手軽に食べられ、小ぶりながらボリュームもある。価格は470円。

東京駅改札内1階ノースコート内のエキナカレストラン施設「GRANSTA DINING(グランスタ ダイニング)」内では、ホットドッグ専門店「東京DOG」が「銀の鈴DOG」を販売。スイーツパンにホワイトチョコをコーティングし、アラザンをまぶして銀を表現するとともに、マカダミアナッツを乗せて鈴をイメージした。販売期間は5月27日〜6月10日。価格は320円。各施設の場所等各種情報は、東京駅施設情報「TOKYOINFO」を参照のこと。