ヴィヴィアンが英ヴァージンアトランティック航空の制服をデザイン

写真拡大

 「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」が、英国の航空会社ヴァージン アトランティック航空の新しいユニフォームのデザインを担当する。導入から10年以上経過しているという現在のユニフォームを一新するため、両社がパートナーシップを締結。2013年7月より一部クルーの試着をスタートさせ、フィードバックを経て、2014年より新ユニフォームを正式に導入する。

ヴィヴィアンがデザイン、英航空会社の制服の画像を拡大

 「Vivienne Westwood」は、キャビンクルーやパイロット、空港ラウンジ「クラブハウス」や「ヴァージン ホリディ」のスタッフなど、ヴァージン アトランティック航空の社員75,00名以上が着用するユニフォームのリニューアルを担当する。新ユニフォームにはリサイクル素材を中心に使用。サビル・ロウの伝統的なテーラリングとデザイナーVivienne Westwoodが得意としているカッティングの技術を反映させた未来的なデザインが予定されている。

 両社のパートナーシップの発表と合わせて、キャビンクルーが着用する新ユニフォームのデザイン画が公開された。企業カラーのヴァージンレッドを使用した女性キャビンクルーのユニフォームは、女性ならではのボディラインを強調するジャケットと、バックにダーツとダブルプリーツが入ったペンシルスカートのセットアップ。一方、男性クルーの新ユニフォームは、ワインレッド(バーガンディー)のシャープなサビル・ロウスタイルのスリーピーススーツ。現代的なテイストを加えるため、ポケットや折り襟部分にはグレーのウール生地が影のように施される。