おっぱいで曲作りをする!? ケシャ (c)Hollywood News

写真拡大

26歳の歌手であるケシャがトーク番組に出演し、自分のおっぱいを使って曲作りをするという仰天発言をした。

トーク番組「Conan」に出演したケシャは、司会者であるコナン・オブライエンに、「あなたは素晴らしい歌をいつも作っています。どういう方法で曲作りをするのですか?」と聞かれると、「やり方はいつも違うのよ。夢の中に出て来ることもあるし、手や携帯電話にメモを書いて作ることもある。でも最近になってピアノを使った新しい方法で、良い曲を作れるようになったのよ」と語った。

そしてケシャは真剣な面持ちで、「部屋の電気を消して、ピアノの前に座るの。そしてゆっくりと、おっぱいを鍵盤に乗せるの。それで揺らせて、曲を作るのよ」と驚きの発言をしたのだ。それを聞いたコナンは、「ちょっと待ってよ! おっぱいを揺らせて、曲を作るだって? 信じられないな! 君のおっぱいはまるで意思を持っているんだね」と笑いながら発言していた。

このケシャの発言に爆笑する観客とコナンに対して、ケシャは「みんな笑ってるけど、私にとって真剣なやり方なのよ。私のおっぱいはたくさんのことに使えるの」と言っていた。一見ジョークのように思えるケシャの発言だが、破天荒なことで知られるケシャなら本当にそのような形で曲を作っているのではないかと思わせるのである。彼女がおっぱいで奏でる音色を聞いてみたいものだ。【村井 ユーヤ】