<中日クラウンズ 初日◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部・和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「中日クラウンズ」初日。2週連続Vがかかる松山英樹は、2バーディ4ボギーの2オーバーで初日を終えた。一時は1アンダーで首位タイに並んだが、14、15番で連続ボギーをたたき最終18番でもボギーと2オーバーまで落とした。しかし、上位もスコアを伸ばすことができず首位とは3打差で10位タイにつけた。
 単独首位に2バーディ1ボギー“69”をマークした近藤共弘が立った。この日アンダーパーをマークしたのは近藤ただ一人で、全選手が難コース・和合を攻略できないでいた。単独2位にはイーブンパーでスティーブン・コンラン、続く3位タイグループにはブレンダン・ジョーンズ、村松道央ら7人がつけた。
 また、エージシューターの尾崎将司は4ボギー3トリプルボギーの10オーバー96位タイで初日を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、圧巻のプロ2戦目最速V!「優勝だけを考えていた」
上井邦浩、目の前で優勝を決めた松山に「僕も負けられない」
松山英樹1打速報配信中
美人ゴルファーが集合 美ゴ女見てね
各ツアー賞金ランキング