栃木県真岡駅でSL9600形が走る!? 蒸気機関車の「SLキューロク館」オープン

写真拡大

栃木県真岡市の真岡鉄道真岡駅そばに4月28日、「SLキューロク館」がオープンした。同施設は「SLの走るまち」の拠点施設として、同市が真岡駅東口に整備した観光施設となっている。

同館の展示の目玉は「9600形蒸気機関車」。大正時代の代表的な蒸気機関車のひとつであり、「キューロク」の愛称で知られている。展示するだけではなく、圧縮空気を動力源として毎週日曜日及び祝日に1日3回運行する。900形SLを走らせることは、国内で初めてのことだという。

また館内には、旧型客車(スハフ4425号)も展示。9600形SLとともに乗車見学ができ、機関士の制服を着て記念撮影もできる(1回100円)。蒸気機関車を眺めながら飲食できるカフェや、オリジナルグッズを販売するコーナーも設置している。

屋外には、キハ20形ディーゼル動車、ヨ8000形車掌車、ト1形無蓋貨物車、ワ11形木造有蓋貨物車、ワフ15形貨物緩急車も展示。更にSLギャラリー(情報センター4F)では、NゲージやミニSLを始め、SLや鉄道に関する展示物を公開している。

同館の営業時間は10時〜18時。休館日は毎週火曜日と、12月29日から1月3日まで(火曜日が休日の場合は翌日休館)。入場料は無料。