【女性編】もったいないと思いつつ、残してしまう食べ物ランキング


高カロリーや塩分過多の食べ物は控えたい





幼いときに「出された食事は残さず食べなさい」と教わった人は多いはず。でも、大人になるともったいないと思いつつも、つい残してしまう食べ物はあると思います。どんなものを残しがちなのか、マイナビニュース会員の女性549名に聞きました。





Q.もったいないと思いつつ、残してしまう食べ物を教えてください(複数回答)

1位 カップめんの汁 37.0%

2位 刺身のつま 22.9%

3位 ダシをとった後の昆布・かつおぶし 12.9%

4位 おでんの汁 12.2%

5位 パセリ 11.5%







■カップめんの汁

・「飲んだら太ると思うから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「カップ麺の汁はおいしいけど、カロリーが高そうだから」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「塩分のとり過ぎになってしまうから」(25歳/情報・IT/事務系専門職)





■刺身のつま

・「野菜だから食べたいが、量が多く食べきれない」(30歳/学校・教育関連/営業職)

・「大根はからだに良いから食べた方がいいと思う反面、魚のにおいがうつっているのが気になるので残してしまう」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「いつも残しておいて、あとで調理する」(27歳/学校・教育関連/専門職)





■ダシをとった後の昆布・かつおぶし

・「なぜか捨ててしまう。使い道がよくわからない」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「佃煮にするとなかなかイケる」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「ダシをとった昆布はカットして、炒め物に入れています」(34歳/情報・IT/技術職)





■おでんの汁

・「ダシが出ているからもったいない」(29歳/金融・証券/専門職)

・「うまみがあっておいしいが、量があって飲みきれない」(35歳/商社・卸/事務系専門職)

・「カップめんの汁はおいしくて飲むけど、おでんの汁はそれだけを飲み続けるには飽きる味だから」(26歳/情報・IT/販売職・サービス系)





■パセリ

・「林間学校に行ったとき、食べ物を残してはいけないという決まりがあり、無理やり食べました。でも、おいしくなかったです」(33歳/ソフトウェア/技術職)

・「単体だと味がないから」(23歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「味が苦手で食べられない」(24歳/その他)





■番外編:苦手なものは仕方ない!?

・ミントの葉「ミントが苦手だから」(29歳/学校・教育関連)

・缶詰のさくらんぼ「着色料が使われていてからだに悪そう」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

・居酒屋のお通し「どうしても後回しにしてしまう。ただ、豪華なお通しもあるので、もったいないとは思う」(41歳/建設・土木/営業職)





総評

1位は「カップめんの汁」です。おいしいのはわかっているけれど、高カロリー、塩分過多なので控えたいという声が大半でした。健康を意識する女性ならではの意見ですね。





2位は「刺身のつま」でした。野菜を積極的にとりたいという意見が多い一方、「魚のにおいがうつっているから嫌だ」という声も。残すのは気が引けるので、最初からつまの量が少なくてもいいのかも。3位は「ダシをとった後の昆布・かつおぶし」でした。佃煮や炒めものとして再利用している人がチラホラ。味もまずまずのようです。





ランキング外でも、からだに悪かったり、味が苦手な食べ物が残されているようでした。また、居酒屋のお通しも案外残す人が多いようです。ほとんどの場合、お通しは有料ですから、残さず食べないともったいないですよね。

(文・OFFICE-SANGA 杉山忠義)





調査時期:2013年4月6日〜2013年4月13日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性549名

調査方法:インターネットログイン式アンケート