”ママの抱っこ”のようにゆれる電動ハイローベッド&チェア発売 - アップリカ

写真拡大

アップリカ・チルドレンズプロダクツは、電動タイプのハイローベッド&チェア「ココ・チーノ オート」2種を6月下旬より、手動でスウィングする「ココ・チーノ」を7月中旬より発売する。

「ココ・チーノ」シリーズは、”ママの抱っこ”に近い揺れを追求したハイローベッド&チェア。新生児から4歳頃(体重18kg)まで、成長に合わせてベッドからイスへと長く使用できる。

「ココ・チーノ オート」は、電動でスウィングするハイローベッド&チェア。赤ちゃんをあやす時、寝かしつける時などシーンによって使い分けができる3種類のスウィングモードを採用し、実際のママの抱っこに近い、ゆったりと心地よい揺れを再現するという。赤ちゃんが眠りやすく、同社の調査によれば、その入眠率は80%としている。

また、メロディ機能も搭載し、8曲のオルゴール音が流れる。上位モデルの「ココ・チーノ オート デラックス」には、足カバーや、成長に合わせリバーシブルで使えるチェア用シートなど、グレードアップしたシートが装備されている。

その他、同シリーズには、リクライニングと高さが5段階で調節できる機能や、部屋の中をスムーズに移動できる4輪キャスターを搭載。様々なシーンで、家事や育児で忙しいママをサポートするとのこと。いずれも、製品安全協会SG合格品となる。

価格は、「ココ・チーノ オート デラックス」が49,350円。「ココ・チーノ オート」は42,000円。手動の「ココ・チーノ」は29,400円。

6月下旬の発売に先駆けて、最上位モデル「ココ・チーノ オート デラックス」を10名にプレゼントする「ココ・チーノ オート」モニターキャンペーンを開催している。モニター募集は5月30日まで。キャンペーン詳細については、同社Webページで確認できる。