犬のジョンシリーズ「下見」篇

写真拡大

俳優の織田裕二さんが尻尾をふりながら「ワン」と吠える――こんなユニークなCMが関東エリアでオンエアされている。東京23区を中心に不動産仲介事業を手がけるオープンハウス(東京・千代田区)によるCMで、2013年1月にオンエアした犬のジョンシリーズ「登場」篇に続く第2弾「下見」篇だ。

ツイッターでは、「織田裕二がシッポ振ってるのちょっと可愛い」「織田裕二ってこんな役もやるんだね〜」などと話題になっている。

「犬のジョン」が、気品あふれる「プードル」にメロメロ?

CMは、犬のジョンにふんした織田さんが、オープンハウスの販売する土地へ下見に行く場面からスタート。そこに通りがかった気品あふれる容姿の「黒プードル」からあいさつされ、すっかり魅了されたジョンは尻尾を激しく振る。

家に戻って飼い主にワンワン(いい場所を見つけたから、やっぱり『東京に、家を持とう。』)と訴えるが、「ハウスっ!」とあしらわれてしまうという内容だ。織田さんを虜にする黒プードル役は、女優の板東晴さんが演じている。

前回の「登場」篇で飼い主に「東京に、家を持とう。」と伝えたときと比べて、織田さんの迫真の演技はさらにパワーアップ。「魂の叫びとはこういうことか」と思わず引き込まれそうな圧巻の演技が見どころだ。数パターン撮影した演技のいずれもできがよく、監督がどれを使うか悩むほどだったという。

5月6日までオンエアの予定で、オープンハウスのサイトでは前回のCMと演技を見比べられるほか、30秒バージョンの映像も視聴できる。