ヨコハマタイヤ、「中国新車装着タイヤ」顧客満足度で1位! 耐久性など評価

写真拡大

横浜ゴムは1日、J.D. パワー アジア・パシフィックによる2012年「中国新車装着タイヤ顧客満足度調査」で第1位にランクされたことを受け、「上海モーターショー2013」の会場で4月21日に受賞セレモニーを開催したと発表した。

受賞セレモニーには、J.D. パワー・アンド・アソシエイツ アジア・パシフィックのジェフ・ブロデリック副社長が出席し、田中孝一優科豪馬橡膠(横浜ゴム)有限公司董事長・総経理に盾を手渡した。

「中国新車装着タイヤ顧客満足度調査」において、横浜ゴムが開発・製造するヨコハマタイヤは、耐久性、ハンドリング、乗り心地の3点について特に高評価を受け、満足度ランキングで第1位の843点を獲得。

J.D. パワーによると、新車装着タイヤの顧客満足度はタイヤの買替えに大きく影響するとされ、調査では、856点以上の高い満足度を示した回答者のうち、36%以上のユーザーが買替え時にも同一ブランドを選択。また、新車装着タイヤに満足したユーザーは、失望したユーザーに比べて同一ブランドを選ぶ割合が26%も高いことが明らかになったとしている。

J.D. パワーによる2012年「中国新車装着タイヤ顧客満足度調査」は、新車購入から12〜24カ月を経過したオーナーに新車装着タイヤの評価を尋ね、指数化したもの。評価は1,000点満点。今回の調査対象は2010年2月〜11年5月に新車を購入したオーナーで、対象者の車両は187車種、19のタイヤブランド。調査期間は2012年2月〜5月、有効回答数は1万2,066人。