大阪ガスグループのマーケティング会社、エルネットはこのほど、「引っ越しに関するアンケート」の調査結果を発表した。同調査は、自社が運営する「宅ふぁいる便」ユーザーを対象として2月21日〜28日に実施。4,563名の有効回答を得た。

調査の結果、引っ越しをしたことが「ない」人は全体の4.3%。引っ越し経験者のうち27.5%が「6回以上」の引っ越しを経験していた。続いて、「引っ越しをする際に業者を利用するか」を聞いたところ、「業者を利用する」と回答した割合はは77.9%。引っ越し経験別にみると、引っ越し経験回数が多いほど割合が高くなる傾向がみられ、「5回以上」では86.4%と、「0回(引っ越し経験なし)」に比べ約20ポイント上回っていた。

引っ越し時に引越し業者を使うと回答した人に対して、「どのような媒体で業者を探すか」を聞いたところ、「インターネット」が72.7%、「口コミ」が25.5%、「タウンページ」が16.2%となった。

引っ越し経験別に見ると、「0回(引っ越し経験なし)」の人は「5回以上」に比べて「口コミ」の割合が15ポイント高く、インターネットを除外すると、引っ越し経験の浅い人ほど「口コミ」で探す傾向が高いことがわかった。逆に、引っ越し経験者の方が利用する割合が高いのは「タウンページ」「リピート利用」だった。とくに「リピート利用」ではこの傾向が顕著で、引っ越し「1〜2回」の人が6.2%であるのに対し「5回以上」では18.5%と、約3倍の差がみられた。

「引っ越し業者を決めるポイント」を聞いたところ、1位は「仕事・応対が丁寧」で74.5%。以下「価格の明確さ」(58.6%)、「価格の安さ」55.7%となった。引っ越し回数別にみると、1位の「仕事・応対が丁寧」は、引っ越し未経験者(0回)では87.2%と9割近い値を占め、引っ越し経験者に比べ15ポイント以上高かった。

「引っ越しの本格的な荷造りをいつ始めるか」を聞いたところ、1位は引っ越し日の「4〜7日前」(40.3%)。以下「8日〜14日前」(23.0%)、「3日前」(14.3%)となった。

2週間以内に本格的な荷造りを開始すると回答した人は全体の8割、1週間以内とした人の割合は全体の57.0%となり、多くの人が短期間に集中して荷造りを行っている様子がうかがえた。調査の詳細は「宅ふぁいる便 週刊マーケターリサーチ」で閲覧できる。