静岡県で「静岡ホビーショー」開催 - タミヤが100点以上の新製品公開!

写真拡大

タミヤは5月16日〜19日、静岡県静岡市のツインメッセ静岡で開催される「第52回静岡ホビーショー」に出展し、今春〜夏に発売する100点以上の新製品を発表・展示する。

同社ブースではスケールモデル、RC(ラジオコントロール)モデル、ミニ四駆、工作、デコレーションシリーズなど、各ジャンルのラインナップを一挙公開。会場では各商品の開発担当者が詳しい商品内容を説明する。

今回発表される主な製品は、昨年から部隊配備の始まった自衛隊の最新鋭戦車「10式」の初の1/35スケールモデル「陸上自衛隊10式戦車」、第二次世界大戦から戦後まで活躍したアメリカの大型戦闘機「F4U-1 コルセア」の1/32モデル、新型シャーシ採用の「フェラーリ458チャレンジ」RCモデル、新開発のMAシャーシ採用の第1弾となるミニ四駆「ブラスト アロー」など。

「第52回 静岡ホビーショー」は、5月16日〜19日開催(16日〜17日は業者招待日、一般公開日は18日〜19日)。開催時間は、18日 9時〜17時、19日 9時〜16時。会場は、ツインメッセ静岡(静岡県静岡市駿河区曲金 3-1-10)。入場は無料。

また一般公開日の5月18日・19日には、ホビーショー会場近くのタミヤ本社にて、社内見学イベント「タミヤ オープンハウス」も開催。各部署で専門のスタッフが来場者の質問に答える。木製模型時代からの製品を展示した歴史館や、実車の F1マシンが展示されるロビーをはじめ、館内では、工作広場やミニ四駆コースなどのアトラクションコーナーや販売コーナーも用意する。日程は、5月18日・19日 9時〜16時30分。 会場は、タミヤ本社ビル(静岡県静岡市駿河区恩田原3-7)。

その他、詳細は同社Webページで確認できる。