ロフトから筒状ボックス型「カタログギフト」登場

写真拡大

 ロフトが、「ロフトカタログギフト」の取り扱いを直営74店舗と「e.デパート」内ロフト通販サイトで5月上旬よりスタートする。ロフトが店頭で取り扱う美容・健康雑貨、バラエティ雑貨、文具、家庭用品、インテリアから100種類のアイテムを収録。従来のカタログ型とは異なるユニークな筒状ボックス型で、カタログギフトに興味のない若い世代に向けてアプローチしていく。

ロフト初カタログギフト登場の画像を拡大

 近年ロフトは、母の日や父の日、バレンタインなど、身近な友人や家族に向けたカジュアルギフトの分野に力を入れており、顧客の認知も得られているという。一方で、嗜好が分からない人に向けた「肩肘張らないギフト」の需要も高く、「未開拓のマーケットがある」(同社広報担当者)という期待を込め、トライアルとして「ロフトカタログギフト」の導入が決定した。

 「ロフトカタログギフト」は、ヘルスケアセットやUSB メモリミニクーパー、マップトートなどから選べる3,675円のブルーコースと、海外旅行用充電セット、マイヤー電子レンジ圧力鍋などから選べる5,775円のローズコースの2種を用意。各コースの筒状ボックスの中には、商品がプリントされたコースターが入っている。商品の注文ははがきもしくはwebサイトからでき、約2週間で手元に届くという。