トム・ベレンジャー

写真拡大

犯罪捜査系ドラマ『クローザー』のスピンオフ・ドラマとして米国で昨年8月に開始して好評の『Major Crimes』だが、主役シャロン・レイダー警部(メアリー・マクドネル)の夫ジャクソン・レイダー役にトム・ベレンジャーが決定した。

【関連コラム】 トム・ベレンジャー出演「アメリカでは慣用句にもなった超有名な一家、ハットフィールド家とマッコイ家の対立とは?」

戦争映画『プラトーン』でゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞、最近では歴史ドラマ『ハットフィールド&マッコイ 実在した一族vs 一族の物語』でエミー賞最優秀助演男優賞を受賞して実力派俳優で知られるトム。彼が今回演じる役柄は、頭脳明晰で魅力あふれるカリスマ性のある弁護士。ギャンブル癖があり、一時的にロサンゼルスを離れ法律の仕事からもしばらく遠ざかっていたが、レイダー警部とも親しい少年ラスティ(グラハム・パトリック・マーティン。『クローザー』最終シーズンにも登場)を弁護するため、ロサンゼルスヘ戻って来るとのことだ。レイダー警部とは25年間、夫婦ではあるが長年別居していることもあり、いろいろ問題が生じるようで、本作での展開も楽しみだ。

トムが3話ゲスト出演する『Major Crimes』シーズン2は米TNTにて6月スタートの予定。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『NCIS』マイケル・ウェザリー、『クローザー』スピンオフにゲスト出演
8月の"LaLa TV"注目の海外ドラマをご紹介!
『クローザー』スピンオフが正式決定!主演は『バトルスター・ギャラクティカ』のメアリー・マクドネルに