大阪府大阪市『あべのハルカス』に入る近鉄百貨店、一部を6月13日先行開業

写真拡大

近鉄百貨店は1日、高さ日本一の超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)に入居する百貨店「あべのハルカス近鉄本店」の一部を、2014年春のグランドオープンに先駆けて6月13日に先行開業すると発表した。

あべのハルカスは、高さ地上300mとなる超高層ビルで、2014年春に全面開業を予定している。地下5階、地上60階建てとなり、延床面積は約30万6,000平方メートル。近鉄百貨店のほかに近鉄大阪阿倍野橋駅や大阪マリオット都ホテル、オフィス、美術館などが入る。外観デザインは、ペリクラークペリアーキテクツ代表のシーザー・ペリ氏が担当している。

今回、先行開業するのは「あべのハルカス近鉄本店」タワー館。あべのハルカスの地下2階、地上14階部分に入る。営業面積は5万7,000平方メートル。非物販面積を25%まで高め、滞在型百貨店として”街のような場”の実現を目指すという。

12〜14階のレストランス街「あべのハルカスダイニング」は、国内最大級の1万1,000平方メートル。44店舗が入居し、2,800席を用意する。13階で営業予定の「モクモク直営農場レストラン お日さまのえがお」では、近鉄特急のGゲージ模型が店内を走行。このほか、「パスタハウスエーダブリュキッチン」などにて、食について学ぶ講習イベントを計画している。

地下1階・地下2階は売り場面積が関西最大級の9,000平方メートルとなる「あべのフード・シティ」、3階は百貨店初出店のセレクトショップなどが出店する「トレンドコート」、6階・7階はメンズブランドや雑誌『monoマガジン』とタイアップしたレストスペース「monoラウンジ」などが入るメンズフロア「近鉄メンズ」、8階はキッズ、ベビーを対象にした「Kodomoの街」、9階・10階はインテリアやキッチン用品などを揃えた「近鉄リビング」などとなる。

タワー館オープン後、現近鉄阿倍野店部分は順次改装し、ウイング館として2013年秋に一部先行開業。ウイング館の全面開業は2014年春の予定で、「あべのハルカス近鉄本店」全面開業後の売り場面積は、日本最大級の約10万平方メートルとなる。目標売上高は、2013年度が1,040億円、全面開業後の2014年度が1,450億円。来店客数は年間4,500万人を予想している。