「マクベス」で主演するマイケル・ファスベンダーPhoto by Pascal Le Segretain/Getty Images

写真拡大

マイケル・ファスベンダーが、シェイクスピアの四大悲劇のひとつである「マクベス」の新映画版に主演すると英スクリーン・デイリーが報じた。

「マクベス」は、中世のスコットランドを舞台に、妻と共謀して主君を暗殺し王位に就いたマクベス将軍が、やがて破滅していく姿を描く。

過去の映画版にはオーソン・ウェルズ版「マクベス(1948)」、ロマン・ポランスキー版「マクベス(1971)」などがある。今回は、11年にスリラー「Snowtown(原題)」で監督デビューを果たした新鋭ジャスティン・カーゼルがメガホンをとる。

ちなみに、ファスベンダーの「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」の共演者であるジェームズ・マカボイも、ちょうど4月下旬までロンドンのウエストエンドの「マクベス」の舞台に主演していた。

■関連記事
コリン・ファース&マイケル・ファスベンダー、名編集者の伝記映画で共演
ナタリー・ポートマン主演作からリン・ラムジー監督、ジュード・ロウが降板
マイケル・ファスベンダー、F1ドキュメンタリーのナレーションを担当
ジェームズ・マカボイ、ロンドンの舞台「マクベス」に主演
「X-MEN」最新作がクランクイン