トップクリエイターによる貴重なデザイン画や設定画がポストカードに(C) SHORT PEACE COMMITTEE(C) KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE

写真拡大

大友克洋監督最新作で、気鋭のクリエイターが集結したオムニバスアニメーション「SHORT PEACE」の劇場前売り券(税込1500円)が、5月11日から全国の上映劇場で発売される。特典として「『SHORT PEACE』アートワークポストカード」5枚組(数量限定)が付属。大友監督ほか、岸啓介、貞本義行、カトキハジメ、森本晃司による各作品の絵コンテや設定画、デザイン画などがポストカードになった。

「SHORT PEACE」は、江戸時代の大火を背景に商家の娘と火消しの恋を描いた大友監督作「火要鎮」ほか、森田修平監督の「九十九」、安藤裕章監督の「GAMBO」、カトキ監督の「武器よさらば」の4編と、森本監督が手がけたオープニングアニメーションで構成されるオムニバス。特典のポストカードは各作品1枚の5枚セットになっている。

「火要鎮」のポストカードは、大友監督による絵コンテが絵柄になっており、大友監督が自ら抜粋したシーンを掲載。火事の起こった江戸の町を駆け回る火消しの男たちや逃げ惑う町民など、群衆の姿が緻密に描きこまれている様子がわかる。

「GAMBO」のポストカードに描かれているのは、「新世紀エヴァンゲリオン」「おおかみこどもの雨と雪」などでおなじみの貞本による、劇中に登場する少女カオの原案画。ガンダムシリーズのメカデザイナーとして知られ、今回が初監督作となるカトキの「武器よさらば」は、戦車型無人兵器の設定画が絵柄になっており、さまざまな注釈などが書き添えられた様子から、大友監督による原作漫画をベースにしながら、いかに再構築し、リアリティあるものにしていくかというプロセスが垣間見えるものになっている。

そのほか、「九十九」は岸によるコンセプトデザイン、オープニングアニメーションからは森本監督のイメージビジュアルがそれぞれ絵柄になっている。

■関連記事
「ヱヴァQ」上映終了、最終興行収入52.6億円に
大友克洋監督「ジブリにはかなわない」も、9年ぶり劇場新作に自信
大友克洋最新アニメ「SHORT PEACE」劇中写真を一挙20点独占公開
大友克洋9年ぶりのアニメ監督作「SHORT PEACE」7月20日公開決定
大友克洋監督の短編「火要鎮」、文化庁メディア芸術祭アニメ部門大賞に