国際ジャーナリスト 蟹瀬誠一氏

写真拡大

■一家避難を決めた「結婚当初のルール」

2011年3月11日の東日本大震災の際、私は学部長を務めている都内の大学にいました。なんとか自宅マンションに帰ると、16階の部屋は飾ってあった置物や本棚から崩れ落ちた書籍が床に積み重なり、ひたすら怯えている愛犬の姿が。その様子に、尋常ではなかった揺れの大きさを想像し、「自分が家にいたらどうなっていたことか」とゾッとしたものです。それから4日後の15日。私は妻と息子、娘、愛犬を連れて、年老いた母が暮らす三重県へ向かいました。原発事故の影響を考えて決断した、一家での避難です。

三重県には22日までの1週間滞在しましたが、この判断については賛否両論あるでしょう。大学の学部長が東京からいなくなってしまうのですから、敵前逃亡と思われても仕方ありません。私なりに「家庭を第一に」という考えに基づいて行動したのです。

「仕事と家庭のどちらを優先させるか」、これは家族を持つ男性にとってはなかなか難しい選択です。私は結婚当初から、同じようにフルタイムで働く妻と“家庭51%、仕事49%”の比率で最後のギリギリのところでは家庭を優先させると決めていました。さらに、これを単なる決めごとではなく、「家庭が第一」と心から思えたひとつの出来事がありました。

それは1993年。40代前半だった私は、日本のテレビ局のキャスターとして行ったモスクワで取材中、銃撃戦に巻き込まれたのです。弾が頭上を飛び交うなか、「俺はここで死ぬかもしれない」と覚悟した。そのとき、周りの景色が急にスローモーションになり、家族の顔が目の前に浮かんだのです。

ほんの1秒くらいのことなのですが、そのとき初めて、自分にとって何が大切かを自覚しました。やっぱり家族なんだな、と。それからは、「仕事か家庭か」と迫られたら、迷うことなく「家族」と答え、相応の選択を行ってきました。フリーの記者や大学の教授など、個人単位で働いていたからこそできたのかもしれません。組織にあまり縛られない立場だけに、「ラクでいいよね」と言われることもよくあります。

企業などの組織に属していても、仕事をばりばりこなしつつ、いざというときは仕事より家庭を優先することもかまわないはずです。それなのに、日本のビジネスマンは常に会社に縛られているイメージが強いのはなぜでしょうか。

もちろん、「ここは自分がいないとダメだ」という使命感に燃えて仕事を優先している人もいるでしょう。けれど、「また休んでいる」「あいつ、逃げたな」と他人からネガティブに見られることを過度に恐れている人が大半なのではないでしょうか。他人の目を気にして周りに合わせているのであれば、それは非常にもったいないことです。判断力が欠如していると取られても仕方がありません。

普段から、自分にとって1番に優先すべきものは何か、2番目は何かといったプライオリティをつけていないと、今回の震災のような突発的なトラブルが起きたとき、迅速な行動が取れなくなってしまいます。会社を経営している私の妻は、地震後すぐ、全社員に自宅待機を通達しました。そして避難先の三重県のホテルから、パソコンで商品の受注や発注、納品作業を行っていました。

もし自分が会社に残ってやらなければならないことがあるのなら、まずは家族を安全な場所に避難させることも考えるべきです。危険を察知したら、迅速に判断する。これが家族、部下、自分を守る最善の手段ではないでしょうか。

トップ陣には、決断をあえて先延ばしにする人が多いのも事実です。理由は、自分で責任を取りたくないからでしょう。もちろん、決断したものの予想が外れ、結果的に間違いだったということもある。私たちも危険を感じて避難したものの、幸い大事には至らず1週間で東京に戻ってきました。「おまえはバカだ」と言われたとしても、それはそれで受け止めればいい。何があっても命ある限り人生は続くのですから、結果を恐れることはありません。たとえ一時的に社内など周囲の人々といがみあったとしても、いつかはそれを忘れて前へ進まなくてはならないのです。

とはいえ、正しい判断力を身につけるに越したことはありません。それにはまず、自分の人生で何が大事かという価値基準を決めることと、正しい情報を集めることです。

私自身、「20代は美しく、30代は強く、40代は賢く、50代は豊かに、60代は健康に」と、10年ごとに人生の指針を決めてきました。20代はまだ責任も小さいし、自由に好きなことをのびのびとやる。それが若さゆえの美しい生き方だと思います。30代は徐々に責任ある仕事も増え、子育てが始まり、人によっては住宅ローンを払うなど、肩にのる荷物が急に増える年代です。そのわりには収入が少ない。だからこそ、歯を食いしばって頑張れるだけの強さを身につける必要がある。

じつは、フランスのAP通信社にいた30代の頃、過度なストレスで胃潰瘍になったことがあります。会社で吐血して倒れたのです。転地療養をすれば治りは早いといわれたのですが、それでは仕事に戻ってこられなくなる。そこで、仕事をしながら毎日薬を飲んで、注射を打って、食事にも留意して、1年くらいで治すことができました。それからはストレスマネジメントも大事だと実感し、「あ、ストレスを感じているな」と思ったら大きく深呼吸。それだけで気持ちが落ち着き、血圧も下がります。

■自分にとっての42度を早く知ること

さて、40代になると社会的地位も所得もある程度まで上がります。仕事でも家庭でも、より大きな責任を負うことになる。有限な時間のなかで、ただ頑張るのではなく、賢い選択をするようにと心がけました。ずる賢くではなく賢明な選択です。中間管理職だとしたら、部下に対して何を伝えるべきか、上司には何を伝えるのか、腹をくくって自分で選択する必要があります。

私の場合、先ほどのように「家庭51%」と決めていました。それが決まっていれば、価値観にのっとって素早い決断ができるようになります。さらに、決断力を身につけるトレーニングにと、たとえばレストランで注文をするときのような小さなことでも、メニューを見てさっと決めるようにもしていました。40代までが人生の種まきの時期といえるかもしれません。

50歳からは、妻と一緒に旅行をしたり、おいしいものを食べたり、絵画を観に出かけたり、ゴルフをやったり、ボランティアを行ったりと、自分の心が豊かになるような活動を始め、60代を迎えたいまは、健康であることが重要だと思えるようになっています。

どんな人生を送ることが自分にとって幸せなのか。簡単なようで実はこれがとても難しい。経済的な豊かさを得ることで満足感を得ることはできても、人間には欲があるので次第に「まだ足りない、まだ足りない」と拝金的になる可能性もある。周りを見ると、年収5億円でも幸福感を味わえていない人は大勢います。おそらく物欲だけを満たしても、幸福な状態には到達できないでしょう。たとえ企業のトップに上りつめ、仕事で成功したとしても、その一方でストレスを過多に抱えていれば幸福とはいえません。

重要なのは足るを知ることではないでしょうか。どの状態になれば満足するのかを自分で、あるいは夫婦で確認しておくとよいでしょう。

さらに、自分にとって心地のよい温度、お風呂でいえば42度の感覚をなるべく早く知ることだと思います。50度ではやけどをするし、30度では風邪をひいてしまう。じんわりと心が温まる絶妙な環境を、自分自身で選択しながらつくり上げていくことが、幸福な人生を送ることにつながるのではないでしょうか。

----------

国際ジャーナリスト 蟹瀬誠一 
1950年生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。海外通信社記者、米「TIME」誌特派員などを経て、TBS「報道特集」キャスターとしてテレビ報道界に転身する。2004年、明治大学文学部教授に08年、同大学国際日本学部長就任。妻の令子さんは「レナ・ジャポン・インスティチュート」社長。

----------

(国際ジャーナリスト 蟹瀬誠一 構成=堀 朋子 撮影=若杉憲司)