ビールの旅の始発駅

写真拡大

「Shibuya BEER Terminal」が2013年5月5日まで、東急東横線・旧渋谷駅跡地(東京・渋谷区)のイベントスペース「SHIBUYA ekiato(エキアト)」で開かれている。国内外のビールが1杯500円で飲めるイベントで、開催時間は12時から21時30分(5日は19時30分)まで。

全国の地ビールに加え、ベルギーやイギリスビールも

ビアバー「新橋ドライドック」(東京・港区)がプロデュースするイベント。「大手ビール会社や地ビールの垣根を越えて、ビールの楽しさを実感してもらいたい」がテーマだ。

そのため大手の「アサヒスーパードライ」「アサヒドライブラック」のみならず、「舞浜地ビール ハーヴェスト・ムーン」(千葉県)、「箕面ビール」(大阪府)、「志賀高原ビール」(長野県)、「ベイブルーイングヨコハマ」(神奈川県)、「富士桜高原麦酒」(山梨県)など全国各地の地ビールも販売される。

また海外からも参加し、ベルギーの「ステラ・アルトワ」「ヒューガルデン・ホワイト」「レフブロンド/ブラウン」「ベル・ビュー クリーク」、イギリスの「バス・ペールエール」も味わえる。5月1日に始まった。