国内最大面積「あべのハルカス近鉄本店」先行オープンは6月13日

写真拡大

 近鉄百貨店が5月1日、大阪・阿倍野の新ランドマーク「あべのハルカス」の中核施設「あべのハルカス近鉄本店」を6月13日に先行オープンすると発表した。対象となるのは「あべのハルカス」の低層部分に位置するタワー館で、全館は「あべのハルカス」の開業に合わせて2014年春にグランドオープン。初年度の全館売上高は1,450億円を掲げ、客層幅と商品領域の拡大、滞在型機能の充実を図り「日本一滞在時間の長い百貨店」を目指すという。

あべのハルカス近鉄本店6/13先行開業の画像を拡大

 先行開業する「あべのハルカス近鉄本店タワー館」は地下2階から地上14階まで16フロア構成。3階は21のブランドが集まるファッションフロア「トレンドコート」を導入し、6〜7階では「近鉄メンズ」と題して「男が憧れる」ライフスタイル空間を提案。「近鉄メンズ」は「DADDY'S HOLIDAY」、「モノマニア」と各フロアで異なるコンセプトを設定し、紳士服に加えて、全身を磨くグルーミングサロン「ZENON LABO」や雑誌「mono magazine(モノ・マガジン)」がプロデュースする情報発信型スペース「monoラウンジ」といった「仕事のできるビジネスマン」に向けた業態を入れる。また、12〜14階は1万1,000平方メートルの空間に44店舗、2,800席を備える日本最大級のレストラン街「あべのハルカスダイニング」がオープン。フロアごとに「Ikitsuke(行きつけ)」と「Tsudoi(集い)」、「Kokon Tozai(古今東西)」と異なるコンセプトを設け、地下階の関西最大級9,000平方メートルの食料品売場「あべのフード・シティ」とともに食の都・大阪を盛り上げる。

 「あべのハルカス近鉄本店タワー館」は、2014年春に開業する「あべのハルカス近鉄本店ウイング館」と合わせて国内最大面積となる計10万平方メートルの売場を形成。全館のキーワードは「暮らしのランドマーク」で、やすらぎやにぎわいを生む「森の広場」や「実りの広場」といった4つの大広場をタワー館とウイング館をつなぐ空間に取り入れるなど、全館8カ所にコミュニティ活動やコト提案を行うイベントスペースを用意。1,000席のカフェや700席のレストスペースも配置してゆとりの空間を提供し、買い物目的ではなくても立ち寄れる「百貨店」×「専門店」×「コミュニティ」という業態融合型百貨店を目指す。

■国内最大面積10万平米「あべのハルカス近鉄本店」概要発表
 http://www.fashionsnap.com/news/2012-11-07/abenoharukas-300/

■あべのハルカス近鉄本店
 オープン時期:タワー館/2013年6月13日(木)先行オープン
        全館/2014年春 グランドオープン
 所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
 営業フロア:地下2階〜地上14階
 営業面積:100,000?
 総投資額:約320億円
 年間予想来店客数:4,500万人
 初年度目標売上高:
  取扱高ベース売上高 1,450億円(百貨店部分の売上高と専門店部分の取扱高を合計した売上高)
  売上高 1,190億円(百貨店部分の売上高と専門店部分の賃貸収入を合計した売上高)
 URL:http://www.abenoharukas-300.com/