できる新社会人は「第2の銀行口座」を持つ!? ネット銀行の賢い活用術(2)

写真拡大

今年大学を卒業して社会人になったフレッシャーズにとって、初めて給料をもらう喜びは大きなものだろう。親御さんに贈り物をしたり、かねてほしかったものを記念に買ったりする人もいるだろうが、その給料が振り込まれるのは勤務する会社が指定する銀行の口座も多いだろう。本記事では、そのような口座とは別に、「自分で選ぶ銀行口座」を持つことのメリットを、ネット銀行を中心に紹介していきたい。前回のセブン銀行に続き、今回はじぶん銀行を紹介する。

じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資し、2008年に設立したネット銀行だ。親会社が「au」を展開するKDDIだけあって、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末を通じたサービスに強みを持っている。他のネット銀行と同様、インターネットでの取引になるので、顧客が店舗に足を運んでということではなく、携帯電話やスマートフォン、自宅のパソコンで取り引きするというスタイルとなる。今のフレッシャーズは、就活の際には必ずといっていいほどスマートフォンやパソコンを使うため、これらのデバイスは必需品となっている。新入社員として入社し、研修などで忙しい中でも、いつも使っているこれらのデバイスから銀行取引ができるというのは大きなポイントだ。

ネット銀行は店舗を持たないかわりに、金利を高く設定したり、外貨預金の為替手数料や振込手数料を低くしたりして顧客に提供できる。そういった意味で、入ってくる給料を賢く貯めていきたいなら、金利の高いネット銀行で貯めるメリットがある。

仕事をしていると、平日銀行が開いている時間に銀行に出向いて、今月は2万円貯めよう、3万円貯めようというのは少し不便かもしれない。じぶん銀行であれば、すべての商品がスマートフォンやパソコンで取引ができるので、思いついたときに、時間を選ばず、場所を選ばず、持っているスマートフォンで定期預金などへの預け入れが可能だ。

じぶん銀行では、口座を持っている顧客に対して調査をしているが、若い層では貯蓄したいという意欲が高い人が多くなっているという。特に20代は貯蓄志向が高く、老後が不安とか、給料が増えないかもしれないというところで不安を感じている人も多い。貯蓄をしておかなければいけないという意識が強く、そういう中でしっかり貯めていこうという意識がある。そうした場合の一番最初のステップとして円の定期預金がある。給料が振り込まれて、何もしなければずっと普通預金口座に入っているわけだが、円の定期預金であれば、元本が保証されている商品なので、少しずつリスクなく貯められる最も基本的な貯蓄といえる。

じぶん銀行であれば、初めて定期預金を検討する人向けに、定期預金はどんな仕組で、どうして一定期間預けると金利が高くなるのか、金利が高いといっても、そもそも金利ってどういうものなのかなど、初歩のところから顧客に理解してもらえるようなページをつくっている。例えば300万円を3カ月預けると、満期時にいくらの金利がもらえるかを計算した「利息シミュレーション」というコンテンツがある。そうしたページを見ることで、普通預金に預けっぱなしだと今0.0何%しか金利がつかないところ、定期預金に預けると、一定期間でこれぐらいの金利がつくんだと理解できる。

またじぶん銀行では、新社会人が外貨預金をやってみようと思ったときに、口座開設から取引まですべてスマートフォンで可能だ。為替手数料も安めに設定している。外貨預金は為替のレートが刻一刻と変動しているが、メガバンクや地銀では、朝、「今日はこの為替レート1本値で取引」ということもある。「じぶん銀行なら、刻々と変わる為替レートに基づきリアルタイムで取り引きできます。また、いつも持ち歩いているスマートフォンや携帯電話で時間や場所を選ばずに取引できるので、とても利便性が高いです」(じぶん銀行の熊谷歩氏)。