またジョニー・デップの歌声が聴ける?
 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 ブロードウェイミュージカル「イントゥ・ザ・ウッズ」の映画化に、ジョニー・デップが出演する交渉が進行中であるとVarietyが報じた。

 ディズニーが製作する本作は、魔女の呪いのせいで子どもが授からないパン屋の夫婦が、呪いを解くために森に入り、シンデレラやラプンツェル、赤ずきんなど、童話の登場人物たちに出くわすというストーリー。

 デップにオファーされているのは、パン屋の役。また、意地悪な魔女役で、メリル・ストリープへの出演交渉も進められているという。監督は、映画『シカゴ』や『NINE』のロブ・マーシャル。

 ミュージカルの音楽を手がけたスティーヴン・ソンドハイムは、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』など映画のサントラも手掛けているが、今回の映画化で音楽を担当するのは、『シカゴ』や『NINE』のデヴィッド・クランに決まっているとのこと。撮影時期は未定。(鯨岡孝子)