アカデミー賞授賞式ではレースのドレスを着ていたクリステン・スチュワート
 - Jason Merritt / Getty Images

写真拡大

 映画「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが、エマ・ワトソンやキャサリン妃を抜き、英Glamour誌が選ぶベストドレッサーに2年連続で輝いた。

 普段着のロックシック・スタイルとレッドカーペットでの大胆な衣装が高く評価されたクリステン。最近では、Star誌が発表した「最も嫌われているセレブ」のナンバー2、Menkind.co.ukが発表したハリウッドで最もセクシーではない女優に選ばれており、久々のうれしい称号となった。

 しかし、クリステンはインタビューで「髪も洗わずにファンキーなTシャツを着て外に出ると、『あの子はいったいどうしたんだ? ヘアブラシでも買った方がいいんじゃないか?』って言われたりするわ」と明かしたこともあり、私服にはあまり気を使っていない様子だ。

 今年も2位だったエマ・ワトソンは、ここ数年、女子高生イメージを払拭(ふっしょく)し、ピクシーカットのヘアスタイルや大胆なイブニングドレスの着こなしでレッドカーペットでもプライベートでも注目をされている。

 第3位のキャサリン妃は、その洗練された上品なファッションは世界中の憧れの的となっており、彼女が着用すると同じ高級服があっという間に売り切れるらしく、その影響力は驚くほどだという。

 このほか、映画『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーンが4位、テイラー・スウィフトが5位に選ばれたとのこと。トップ50にはキーラ・ナイトレイ、ケイト・モス、キャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトンさんなどもランクインしている。(BANG Media International)