ディアナ・ダービンさん
 - General Photographic Agency / Getty Images

写真拡大

 女優・歌手として知られるディアナ・ダービンさんが亡くなった。91歳だった。NYTimes.comなど複数のメディアが報じた。

 NYTimes.comによると、ディアナさんの息子ピーター・H・ダビッドがディアナさんの会報誌the Deanna Durbin Societyで、ディアナさんが亡くなったことを発表したという。ディアナさんが亡くなった日付や死因は不明。

 ディアナさんは1921年にカナダで生まれ、1936年の映画『天使の花園』で長編映画デビュー。その後映画『オーケストラの少女』『アヴェ・マリア』などの作品で主演を務め、1930年代から1940年代にかけて活躍し、第11回アカデミー賞では特別賞を受賞した。

 ディアナさんは2度の離婚の後、ディアナさんの主演映画『レディー・オン・ア・トレイン(原題) / Lady on a Train』の監督を務めたフランス人プロデューサーのシャルル・ダビッドさんと1950年に結婚。これを機に女優業を引退している。(井本早紀)