ファミマ×津山ホルモンうどん研究会、岡山県名物「ホルモンうどん」発売

写真拡大

ファミリーマートは4月30日から、“津山ホルモンうどん研究会”協力のもと、岡山県津山名物「ホルモンうどん」を、中国・四国地方のファミリーマート店舗約710店で販売している(山口県の一部の店舗での販売はなし)。

同社では2011年より、“津山ホルモンうどん研究会”協力のもと開発した商品を販売している。同研究会は、岡山県津山地域のご当地グルメであるホルモンうどんで、地域おこしに取り組むグループ。今回も新商品開発に当たって、メンバーに試食を行いながら、味付けなどを決定した。

同商品は、野菜と果物のうまみが凝縮された2種類のみそダレとしょう油で味付けした焼うどんに、みそダレで味付けしたホルモン(牛もつ・センマイ)と野菜炒め(もやし・青ねぎ・玉ねぎ)を盛り付けた。更に今年は、麺量を約2割増量。大盛りタイプとして発売する。価格は450円。