モンクレール新コレクション「W」発表 ホワイトマウンテニアリングとコラボ

写真拡大

 「MONCLER(モンクレール)」が、デザイナー相澤陽介が手がけるメンズブランド「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」とコラボレーションしたメンズの限定コレクション「MONCLER W」の立ち上げを発表した。ファーストコレクションは、8月に発売が予定されている。

モンクレールがWhite Mountaineeringとコラボの画像を拡大

 プレミアムダウンの代名詞とも言われている「MONCLER」は、メインラインに加えて外部デザイナーとコラボレーションした複数のラインを展開している。Giambattista Valli(ジャンバティスタ・ヴァリ)が手がけるウィメンズの「Gamme Rouge(ガム・ルージュ)」、Thom Browne(トム・ブラウン)が手がけるメンズの「Gamme Bleu(ガム・ブルー)」は、いずれもメインラインより高額のファーストラインとしてコレクションを発表している。これに加えて2009年に誕生したのが、デザイナーズブランドとのコラボライン。期間限定のコレクションだが、最も長い期間にわたって展開されていたのがデザイナー阿部千登勢を迎えたウィメンズライン「モンクレール S」だ。パリコレクションに参加する「sacai」の飛躍とともに、2010年春夏から6シーズンにわたり人気を集めてきた。

 一方メンズでは、「VISVIM(ビズビム)」 デザイナー中村ヒロキによる「モンクレール V」が2シーズン展開され、その終了に続いて2012-13年秋冬シーズンよりロンドンのデザイナーChristopher Raeburn(クリストファー・レイバーン)による「モンクレール R」がスタート。デザイナー相澤陽介が手がける「MONCLER W」は「S」「V」「R」に続くコラボライン第4弾となり、ファーストシーズンの2013-14年秋冬コレクションは世界各地のモンクレール直営店および厳選されたセレクトショップで展開が予定されている。

 「服を着るフィールドは全てアウトドア」をコンセプトに2006年秋冬シーズンにスタートした「White Mountaineering」は、7シーズンに渡って東京でコレクションを発表し、今シーズンから新たにミラノのショールームTomorrowと契約。またメンズプレタポルテの見本市「Pitti Immagine Uomo(ピッティ・イマージネ・ウオモ)」に迎えられ、スペシャルイベントとして1月10日にフィレンツェで初のショーを開催するなど、海外展開を強化している。