購入価格の最大100%まで借入れ可能、住宅ローン「りそなフラットON」開始

写真拡大

りそなグループのりそな銀行ならびに埼玉りそな銀行は4月30日、住宅金融支援機構の長期固定金利型住宅ローン「フラット35」と併用することで、購入価格の最大100%まで借り入れが可能となる住宅ローン商品「りそなフラットON」の取扱いを開始した。

同商品の利用例として、例えば2500万円の物件を購入する際に、「フラット35」のみを利用する場合の借入可能金額は最大でも購入価額の90%(2250万円)となるため残りの10%の部分(250万円)については自己資金が必要となるが、この「りそなフラットON」をフラット35と組み合わせて利用することで、購入価格の100%まで借り入れることが可能になるという。

利用限度額(以下の条件をすべて満たす金額)50万円以上800万円以内



「フラット35」と同ローンを組み合わせた融資金額が8000万円以内で、住宅の建設費、または購入価格の100%以内



住宅の建設費、または購入価格の10%以内



融資期間(以下のいずれか短い方の期間)1年以上25年以内



完済時年齢が80歳未満となる年数



融資利率りそな住宅ローン店頭標準金利+1.00%(変動金利型、固定金利選択型とも)

りそな銀行ならびに埼玉りそな銀行では、今後とも顧客のさまざまなニーズに応えることができるよう、より一層の商品・サービスの充実を図っていくとしている。