2100万円のレディー・ガガ頭身大フィギュアお台場降臨

写真拡大

お台場にレディー・ガガの頭身大フィギュアが展示されている。

衣装は黒柳徹子さん司会の「徹子の部屋」に出演した際着用していた「徹子ヘアー」をイメージしたとおぼしきドレス。

実はこれ、3月15日から開催されている体験型アトラクション「マダム・タッソー東京」の展示物。もちろん製作は本人公認の上行われている。

製作はフランス出身の彫刻家マダム・タッソーの技術を受け継いた彫刻師達が携わっており、まず原成形型を蝋で製作する彫刻師、それをもとに蝋を流して像を製作する職人、油性塗料を何層にも重ねて生きているような肌の色合いを生み出す彩色師、そしてヘアドレッサー、スタイリストらが仕上げを行い完成させている。

ちなみに現代テクノロジーはまったく使用されておらず、全て手作業で作られているとのこと。製作期間は1体4ヶ月。製作費は1体およそ2,100万円。

他にもマドンナ、トム・クルーズ、ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリーなど、海外の大物アーティストやハリウッド・スターからダルビッシュ有、石川遼など世界的に活躍するスポーツ選手、若者をはじめ各世代から人気の大島優子など幅広いジャンルの等身大フィギュアも展示されている。

なお、展示物にはロープや柵などは設けられておらず、肩を組んだり一緒に記念写真を撮ったりが可能とのこと。お台場に行った際には是非立ち寄ってみて欲しい。