●いいんちょう

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部
<キャスト>
野々原ゆずこ:大久保瑠美
櫟井唯:津田美波
日向縁:種田梨沙
相川千穂:茅野愛衣
岡野佳:潘めぐみ
長谷川ふみ:清水茉菜
松本頼子:堀江由衣

●ストーリー
本作は情報処理部に所属する野々原ゆずこ達が適当に決めた単語をパソコンでググっておしゃべりをするほんわか日常系ちょい百合アニメです。
●相川千穂と櫟井唯
入学式、相川千穂の隣にいたのは櫟井唯。ちょっと気になる存在でした。

それから数カ月後、夏休みの間に櫟井唯達3人とも親しくなっていたのですが…。

相川千穂「あっ、野々原さんからのメール!」

そのメールの内容は、

櫟井唯のビキニ姿!

相川千穂「これでどうして欲しいのかな?」

少々戸惑うものの実はかなり嬉しい相川千穂でした!
●眼鏡っ娘、野々原ゆずこ
日向縁「ねえ、今の誰だった?」
櫟井唯「覚えてないのかよっ!」
日向縁「私、人の顔を覚えるの苦手なの。」
櫟井唯「知ってるよ!ていうか堂々と言う事か?」


野々原ゆずこ「日向さん!」
日向縁「ええっと。」

今日の野々原ゆずこは眼鏡っ娘。ところがそれだけで野々原ゆずこと識別出来なくなる日向縁。

野々原ゆずこが普段眼鏡を使わない理由。

野々原ゆずこ「だって頭良さそうに見えるから。」

※こう言っては何ですが、彼女、実は成績優秀なのです。但し、発想がアホなんですけど…。
●やる気
今日、身体の調子が良いらしい野々原ゆずこ。そこでやる気を出そうとしますが…。

日向縁「やる気出してみて!」
野々原ゆずこ「やる気ビーム!」

※そういう問題ですかっ!

しかし、やる気ビームを出し切って、やる気を失う彼女。そこで彼女にやる気を取り戻させようと、

日向縁・櫟井唯「焼肉!親子丼!河豚!寿司!フォアグラ!…。」
野々原ゆずこ「(何で全部食べ物なんすか?)」
●お母さん先生、困る!
日向縁「あっ、お母さ〜ん!」
女子生徒A「松本先生!」
女子生徒B「お母さん!」
女子生徒C「お母さん先生。」


松本頼子「(お母さん先生が浸透してきている。)」

もちろん、その主な原因は野々原ゆずこと日向縁にありますが、

野々原ゆずこ「だってお母さん、お母さん丸出しなんだもん!」
松本頼子「えっ、丸出しなの?」
野々原ゆずこ・日向縁「うんっ!」
松本頼子「どうしようもないの?」
野々原ゆずこ・日向縁「どうしようもないで〜す。」


松本頼子先生も諦め気味ですが…。

日向縁「ゆずちゃん、お母さんいないもんね。」
野々原ゆずこ「一回、一回だけお母さんと呼んでもいい?」
松本頼子「でも、そんな先生でいいの?ええ、じゃあ…。」


野々原ゆずこ「ヘイ、お母さん、ヘイ!」

※野々原ゆずこはお母さん先生を困らせたかったようで、彼女曰く「思春期特有のアレ」だそうです。

ちなみに野々原ゆずこの両親は健在、あまりにも度が過ぎたので櫟井唯から野々原ゆずこ・日向縁へのお仕置きプレイ炸裂!

野々原ゆずこ「これからもお母さんと呼んでいいですか?」
松本頼子「いいわよ。」


野々原ゆずこ「ヘイ、お母さん、マザー!」

松本頼子「まだ、若いのに…。」

まだ20代で未婚の松本頼子先生、彼女の思惑とは裏腹にすっかり「お母さん先生」が定着してきました。

松本頼子「お母さん、か。何だかみんな可愛く見えてきた!」
●クジラ
今日のテーマは「クジラ」。毎度の事ながら適当に決められたテーマですが…。

櫟井唯「ザトウクジラの歌は動物界において恐らく最も複雑な歌。」
野々原ゆずこ「シロナガスクジラの心臓はなんと600Kgです。一番太い血管は直径20cmです。」


ちなみにクジラは眠るときは泳ぎながらで右脳と左脳を交互に眠らせるため、意識がうすぼんやりしているときがあるようです。

櫟井唯「クジラは理系のときと芸術家肌のときがあるんだな。

日向縁「私、今ちょっと眠い。どっちかな?」
野々原ゆずこ「じゃあ、52×31×86は?」
日向縁「結構、時間がかかるけど良い?」
櫟井唯「ただのうすぼんやりした人だろ…。」


クジラまとめ

よくも悪くもスゴイ
正体はわからないけど
どこか憎めない


櫟井唯「まとまりのないまとめだな。」

とホワイトボードの文字を一部消して、

クジラまとめ

よく わからない

●歴史小説を徹夜で読んだら
徹夜で歴史物の小説を読んで寝不足の櫟井唯。そのためからかう野々原ゆずこ・日向縁に対して、

櫟井唯「うるさい、去ね!」

彼女の頭の中は侍モードのようです。
●空気
野々原ゆずこ「この辺には何も無いように見えて空気があるようです。すー、はー。」
櫟井唯「もう少し考えて喋れ!」

●限界を超えた!
櫟井唯「何か限界を超えた!眠いの。」
野々原ゆずこ「唯ちゃん、おっぱ○触らせて!」
櫟井唯「ここじゃ、お前、部屋でな。」


相川千穂「櫟井さん、大丈夫?」

相川千穂がやってくるも、櫟井唯は衝動的に野々原ゆずこ・日向縁の背中を押したら、

野々原ゆずこ、相川千穂のおっぱ○にパ○ズ○プレイを!

あまりにも挙動がおかしい櫟井唯、保健室で仮眠をとる事になります。

日向縁「寝顔とっとこ!」

野々原ゆずこ・相川千穂も櫟井唯の寝顔を撮影する事に!

しかしながら、その写真を嬉しそうに見せる相川千穂に対して、

女子生徒D「重症?」

相川千穂も徐々に百合系に目覚めつつある「ゆゆ式」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ゆゆ式」第3話「なつやすみじゃーいはぷーるでみずを10かいくいずなばかんすがほんじつのまとめ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゆゆ式」第2話「なんつっておっぱ○もみもみあいすくりーむいぬ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ゆゆ式」第1話「こうこうせいかつはたからくじをぶらぶらなぼうはんぶざーをおだんごでくろーざーなおかあさんせんせいがじょうほうしょりぶ!」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ゆゆ式」TVアニメ公式Webサイト
「ゆゆ式」AT-X公式Webサイト