リハビリ施設を退院したコーリー・モンテース

写真拡大

 薬物中毒のためリハビリ施設に自主的に入所していたテレビドラマ「Glee」のコーリー・モンテースが治療を終え、退院したという。

 コーリーは早速、共演者で恋人のリア・ミシェルと旅行に出かけ、二人をロサンゼルス国際空港で見かけた人は、「二人ともとても幸せそうで、終始笑顔でしたよ。セキュリティーの係員が調子はどうかと聞くと、コーリーは元気だと答えていました。周囲の人にとてもフレンドリーで、旅行に出かけるのがうれしかったのか、とても陽気でした」とE! Newsに語っている。

 薬物中毒が手に負えなくなる前にリハビリ施設に入るよう勧めたのはリアだと言われている。「彼女が専門家の助けを求めるよう助言をし、100%彼をサポートしていました。最終的にはコーリーの決断で入所をしましたが、リアもベストな判断だと思っています。彼の友人たちもリアはとてもいい影響を与えていると感じていますよ」と過去に情報筋は語ったことがある。(BANG Media International)