『子曰、学而不思則罔、思而不学則殆』(学びて思わざれば…)【ビジネスシーンで使える論語】

写真拡大

社会人になると、ビジネス本を読む姿をよく見かけますが、いくらそこで知識を得たところで上手くいかないことも多いはず。もし、そうしたシーンに遭遇したら、つぎの言葉を思い出してみましょう。

『子曰、学而不思則罔、思而不学則殆』(学びて思わざれば、すなわちくらし、思いて学ばざれば、すなわちあやうし)」

本を読んで勉強するだけで、自分で考えることを怠ると、物事の道理が身につかず何の役にも立たない。また、考えるだけで本を読んで勉強しなければ、独断的になって危険である。

知識とは、ただ蓄えるばかりでは役に立たず、得た知識を基にして自分で納得できるまで考えることで初めて役に立つものになるのだということを表しています。良い行動を起こすためには、知識と思索の両方が欠かせません。

社会人として壁にぶつかることは多々あると思いますが、そんな時は、自分が知識だけで動いていないか、あるいは考えているだけで情報がたりていないのではないかと立ち止まって考えてみてください。仕事の知識を活かすためには、それの知識をどう活かせばいいの使いこなすのかまで考えて行動することが大切です。きっと乗り越える方法が見つかります。