シンデレラを演じるリリー・ジェームズ (c)Hollywood News

写真拡大

テレビドラマ「ダウントン・アビー 貴族とメイドと相続人」や映画『タイタンの逆襲』(12)で知られる女優のリリー・ジェームズが、ディズニー映画『シンデレラ』(原題、2014年公開)でシンデレラ役を演じることが分かった。

ディズニーアニメ映画『シンデレラ』(50)を実写版で製作することが決まっており、シンデレラ役には女優のエマ・ワトソンの名前が挙がっていたが、リリーが演じることになったと芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えている。

シンデレラの継母役は女優のケイト・ブランシェットが演じる予定で、同映画の監督は映画『ヘンリー五世』(89)や『マリリン 7日間の恋』(11)の俳優で、『マイティ・ソー』(11)の監督でもあるケネス・ブラナーが務める。

同映画はリリーにとって初めての大役となるだろう。彼女のシンデレラに多くの人が注目しているに違いない。【馬場 かんな】