今年大学を卒業して社会人になったフレッシャーズにとって、初めて給料をもらう喜びは大きなものだろう。親御さんに贈り物をしたり、かねてほしかったものを記念に買ったりする人もいるだろうが、その給料が振り込まれるのは勤務する会社が指定する銀行の口座も多いだろう。本記事では、そのような口座とは別に、「自分で選ぶ銀行口座」を持つことのメリットを、ネット銀行を中心に紹介していきたい。

セブン銀行はセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業。その口座を持つ最大のメリットもそこにある。セブン銀行口座のコンセプトは、「気軽、便利、お得な、お財布がわりの口座」というものだが、最大の魅力は電子マネー『nanaco』との親和性だ。最初にnanacoへの入会とポイントサービス利用開始登録をすると、例えば、給与が振り込まれるだけで毎月毎月ポイントがたまるほか、口座振替、振込入金などの取引きに応じて、ポイントが徐々にたまってくるのだ。

ポイントサービスの登録は簡単。自分が持っているnanaco番号を、セブン銀行の口座にインターネットバンキングやモバイルバンキングから登録するだけでOK。nanacoポイントは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどで1ポイント1円として利用できる。

クレジットカードの引落しや他の口座への振込みなどを合わせて月に50ポイントや100ポイント貯まる人もいる。基本1取引で10ポイントがたまる。振込みを5回すれば50ポイントとなる。ただ銀行を利用しているだけでたまっていくというのはかなりのお得感だ。

「口座を使うほどお得になるということでセブン銀行口座をお持ちになる方もいらっしゃいます。給与振込口座に指定すると初回で500ポイント、ローンの契約をしていただくと1000ポイントです。口座を利用していると徐々にポイントがたまりますので大変お得です」(セブン銀行の坂口正憲氏)。

コンビニを利用する機会が多い新社会人にとってセブン-イレブンの買い物で利用できるnanacoポイントがたまるのは魅力だろう。

また、日中のATMの出金手数料は、土日も含めて無料なのも嬉しい。他行でも土日のATMが無料の場合はあるが、残高が幾ら以上ある場合など、条件がついている場合が多い。その点、同社の場合は口座を持つだけで、曜日関係なく午前7時〜午後7時までのATMが無料なのだ。

さらに、平日午前8時〜午後6時までのATM手数料が無料という銀行が多い中、セブン銀行は午前7時〜午後7時が無料であり、この前と後1時間のプラスが、通勤の前や就業後などに使う際、とても便利だ。

さらに新社会人にとって嬉しいのは、普通預金金利が高い点。日常的に利用する普通預金に他行と比べて高い金利がついている点は、お得感が得られるはずだ。

普通預金の金利は0.05%と、他の銀行に比べてもトップクラスの金利をつけている。

さらに普通預金だけでなく、定期預金も大きな特徴がある。一般的には100万円を定期預金として預けて10万円だけ使いたいと思ったら、100万円全てをくずさなければいけない。だが同社の場合は、10万円を普通預金に振り替えて、残り90万円はそのまま普通預金より金利が高い定期預金として残しておくことも可能なのだ。普通預金に振り替えたお金は、ATMで引き出すことができる。

定期預金は、1万円以上1円単位でATMからも作成できる。一般の場合は窓口、ネットバンキングで申込みすることが多いが、なんとATMでできるのだ。普通預金口座をつくり、すぐに使わないお金の一部を1万円から定期預金にでき、いつでも一部解約できる。その利便性と柔軟性を考えれば、貯蓄志向の高い新社会人にとっては見逃せないサービスといえるだろう。月々の生活費が余った時に、今回は1万円で1年間、などと設定することで、ATMから気軽に定期預金ができる。初めてのボーナスが出たら、ATMから気軽に定期預金にするのもいいかもしれない。

また、セブン銀行口座を持つメリットとして、個人向けローンサービスを提供している点が挙げられる。同行のローンは限度額が初回10万円と小口で、例えば友達の結婚式が立て続けにあってちょっと足りないときなど、必要な時に少しだけ借りるなどの使い方ができる。

ローンは別のカードになるところもあるが、同社の場合はキャッシュカード1枚でローンの利用が可能。

「とりあえずローンを契約したことのない人も、スタートの限度額が10万円までで安心です。クレジットカードを使い過ぎて困るという人には、ちょうどいいかもしれないですね」(セブン銀行)。インターネットの申込みで、審査は最短30分、書類も一切いらないなど、申込時の利便性も高くなっている。「何かのときに、急に必要になったときに、全国18000台以上のATMで引き出せるというのも便利です」(同)。

セブン銀行の口座申込みは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーのATMの脇にある申込書を持ち帰って郵送するか、インターネットから可能だ。口座開設の説明ページは、詳しくはこちらのWEBサイトを参照してほしい。